あいさつ

■真岡市教育委員会教育長 田上 富男
田上教育長
  今、社会は政治経済の国際化の進展、情報技術の飛躍的な発達、少子高齢社会の到来等々、激しく変動する社会環境の中で、市民は時代に即応した多様で高度な知識・技術の習得や、心の豊かさと生き甲斐の追求など、様々な動機から学習の機会を求めております。このような時すべての市民が自主的積極的に多彩な学習活動ができるよう、社会教育、スポーツ、文化の各施設の充実そして、「いつでも、どこでも、だれもが」自由に学習機会を選択できるようなプログラムの提供に努めます。
  また、学校教育においても、子どもたちがどんな社会情勢の下でもそれに対応できる力、即ち「生きる力」を育まねばなりません。このため、真岡市公立学校教育目標を理念とし、確かな学力を身につけさせるとともに、思いやりの心や豊かな情操を育み心身共に健康でたくましい、「知育・徳育・体育」の調和のとれた児童生徒の育成に努めます。
  特に、現在の子どもたちのコミュニケーション力の不足が指摘されています。人間は人との交わりの中で様々な体験を積むことによって成長します。各学校では日常の教育活動の中で、「学び合い、喜び合い、励まし合おう」の理念を根底にした実践を重視しています。
  真岡市教育委員会では、真岡市公立学校教育目標を具現化するために、次の5項目を基本方針として定めています。


《真岡市教育委員会の基本方針》

1.「啐啄(そったく)の機」を大切にする教育の推進
  適切なときに適切な場所で適切な指導を行う。
  児童生徒の生活環境、性格、能力、考え方、心理状態などを的確に
 とらえ、実態を踏まえつつ適切な時期に適切な指導を行う。
  「適切」を見極める目と力を養う。 

2.形を整え、形を大切にする教育の推進
  形は心を高め、心は形を整える。
  元気なあいさつと感謝のことば、服装を整え、姿勢を保つ。 

3.熱意あふれる教育の推進
  教師としての使命感や熱意、愛情が子どもや保護者の心を動かす。
  信頼関係の構築。

4.説明責任が果たせる教育の推進
  開かれた学校を目指す。学校評価結果を的確に伝える。

5.数値目標で成果を確認する教育の推進
  到達目標を明らかにし、結果を確かめる。
  学力向上を目指し、そのための学習環境の整備を行い、協力体制の
 育成に努める。
   
  本市では、児童生徒の学力向上と心の教育の充実を図るため、
 市単独の非常勤職員の配置、体験学習の施設の整備等に努力して
 います。
 
オンライン状況
オンラインユーザー6人
ログインユーザー0人
■児童・生徒・先生に役立つページ
真岡市の天気予報