学校経営の方針

◎ 真岡市学校教育目標
 (1)心身ともに健康で、強い心と実践力をもつ、たくましい人になる。
 (2)すすんで働き、誠実で心情の豊かな、たのもしい人になる。
 (3)ものごとを正しく見つめ、すじみちを立てて考え、想像力のある人になる。
 (4)互いに尊重し合い、規律と責任を重んじ、正義をつらぬく人になる。
 (5)国土や文化を愛し、郷土の発展につくす人になる。

 ※ 真岡市教育長の願い(真岡市教育委員会基本方針)
 (1)「啐啄(そったく)の機」を大切にする教育の推進
 (2)形を整え、形を大切にする教育の推進
 (3)熱意あふれる教育の推進
 (4)説明責任が果たせる教育の推進
 (5)数値目標で達成を確認する教育の推進
 
1 本校教育の基本    「明るく、楽しく、生き生きした学校」  
 
2 教育目標
    心身ともに健康で、誇り高い西輝が丘生徒の育成をめざす。
      1 より思いやりのある生徒 (情)
      1 より学ぶ生徒 (知)
      1 より働く生徒 (意)
 
3 目指す生徒像
       
  「一歩先の自分へ! チャレンジする心 ~夢を志に~
 
4 学校経営方針
  知識基盤社会の中で、生涯にわたって学び、その成果を自らの成長と社会の形成に主体的に生かすことができる生徒の育成を目指し、全職員がそれぞれの職務を深く自覚し、その英知を結集した学校力と家庭や地域の教育力との協働により、未来を担う生徒を育成するため、以下の7点を学校経営方針とする。

  (1)望ましい生活習慣と社会性の育成
  (2)確かな学力の保証
  (3)豊かな心をもつ生徒の育成
  (4)健やかな体をもつ生徒の育成
  (5)全職員による学校経営参画
  (6)家庭や地域、関係機関との協働による学校経営
  (7)国際理解教育の充実
 
5 本年度の努力点と具体策(特色ある学校づくりの推進)
 「生徒にとって、魅力ある楽しい学校」「保護者にとって、子どもを通わせたい学校」であり続けたい。それには生徒一人一人の良さを生かし、多様な教育活動の中でのびのびとその個性や能力を発揮させる場面をつくり、生徒の心に充実感を味わわせることが大切である。そうすることによって、生徒にとって学校は明るく楽しいものとなり、学校を誇りに思い、学校生活に生き甲斐を感じることができるようになる。生徒をこのような状態に導いていくのが、学校のあるべき姿と考える。前年度までの本校の取組のよさを継承し、充実・発展させていきたい。