西中日記


2018/02/07

自然教室(第2日目)

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
 日本海側では記録的な「豪雪」に見舞われています。今年の冬の異常な寒さは、まだまだ続くような気配です。
 また、今朝は台湾での地震のニュース。倒壊するビルの映像を、息をのむ思いで見ていました。「斗六・正心中のみなさんは無事だろうか」、と心配がふくらみました。学校へ来ると3年生の女子2人が、「正心中へのお見舞いの募金をしましょう。」と提案してくれました。「まず、情報を集めてから相談しよう。」ということになり、ネットで検索し、台湾全土の震度状況が描かれた地図を渡すと、安心してくれました。でも、こうした思いやりの心が育っていることが、何よりもうれしく感じられました。※連絡を取ったところ「震度3」で斗六は被害はない、とのことです。
 また、3年生は「特色選抜」に臨んだみなさんもおり、健闘を祈りたいです。

 自然教室も2日目に入りました。

午後は「凧づくり」。センターの方から、作り方を教わっているところ。

始まると、みんな「集中モード」に突入。

そういえば、「工作」の機会が少なくなってるよなあ~、と感じます。

友達のやり方で、いい感じな所は取り入れていきます。

器用なんだか、不器用なんだか「?」な泉水先生。本人は名人のつもり。

集中力マックスの青木先生。雑音はさっぱり聞こえません。

マイペースな女子のグループ。慌てずにね!

完成しました!

「凧糸をゲットしました。」※今日の凧揚げはないそうです。
14:58 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)