真岡市立大内東小学校のホームページへようこそ

 


 

 

一斉メール配信記事一覧(過去10日間)

日本の学校カウンター

 
 

オンライン状況

オンラインユーザー3人
ログインユーザー0人

お願い

 真岡市立大内東小学校のページの著作権は、真岡市立大内東小学校に帰属します。  
 このホームページの記事・データ・写真およびイラストなどの無断複製、転記を禁じます。
 

QRコード

携帯電話からもご覧になれます。
携帯のバーコードリーダー機能で
読み取ってご覧ください。
大内東小学校
 

日誌

学校の様子
12345
2018/01/10

3学期学級委員

| by 大内東小システム管理者
なかよしタイムの時間に、第3学期の学級委員任命式が行われました。学級の代表ということで、少し緊張した面持ちでしたが、立派な態度で委任状を受け取っていました。






委任状が手渡されると、他の児童と向かい合いお互いに「よろしくお願いします」とあいさつを交わしました。

2年生から6年生まで計9名の学級委員。3学期よろしくお願いしますね。
11:47 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2018/01/10

冬休みの思い出

| by 大内東小システム管理者
短い冬休みでしたが、年末年始の行事が続き、子供たちにとっては充実した冬休みとなったようです。1月5日には、真岡市小学生百人一首大会が開催されました。また、6日には各地区で、歳神様を天に無事お返しするどんど焼きが行われました。



代表の5年生ががんばりました。予選リーグ2勝1敗で、決勝トーナメントには進めませんでしたが、冬休み返上でがんばってきた成果を十分発揮しました。






どの地区も、育成会と地域が一体となってどんど焼きに取り組んでいました。このような地域に見守られて、子供たちは本当に幸せです。
08:44 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/01/09

3学期始まる

| by 大内東小システム管理者
平成30年が幕を開け、今日から3学期が始まりました。子供たちは、冬休みの宿題や学習用具を抱えて元気に登校しました。
1校時、3学期の始業式が行われました。

校長先生の話。「今年の目標をしっかりもって毎日を充実させよう。学年のまとめをがんばろう。健康管理をしっかりして元気に過ごそう。」等のお話をいただきました。

子供たちは、全員校長先生の目を見て真剣に話を聞いていました。



2・3・6年生の代表が、昨年や冬休みの思い出と、3学期の抱負をしっかりした口調で堂々と発表しました。

校歌斉唱で式は終了。


今まで、行事の片付けは6年生の仕事でしたが、3学期からは5年生が引き継ぎ、最高学年の自覚を持ちます。
10:36 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/12/25

2学期無事終わる

| by 大内東小システム管理者
みんな、朝から穏やかな笑顔で「おはようございます。」と昇降口に入ってきました。昨夜クリスマスイブでプレゼントをもらった喜びと、今日で2学期が終わり明日から冬休みだという楽しみのダブルの喜びの笑顔でした。



終業式のために視聴覚室に上がっていくと、5年生の百人一首の代表が昨年の代表の6年生と練習を行っていました。6年生貴重な休み時間にありがとうございました。

そして、終業式

校長先生からは、2学期を振り返り子供たちの頑張りを大いにねぎらっていました。


1年生と4年生の代表児童が、2学期がんばったことと冬休みのめあてを堂々と発表できました。


6年代表のピアノ伴奏で、元気に校歌を斉唱しました。


児童指導主任から、冬休みの過ごし方について映像を交えて分かりやすく説明がありました。

今日は、終業式なので全校生5校時での集団下校でした。
「通知表の成績が上がった人はにっこり笑って。」とリクエストすると・・・



たくさんの笑顔が見られました。照れ隠しの普通顔もありますね。

元気な声で「さよなら」をして、2学期が無事に終了しました。保護者の皆様、地域の皆様、関係の皆様、大変お世話になりました。
2018年も大内東小学校は、元気に過ごしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。良いお年をお迎えください。
16:08 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/12/25

12月22日

| by 大内東小システム管理者
25日に2学期終業式を控え、22日は各クラスでお楽しみ会など、思い思いの授業が展開されていました。
1年生が突然職員室に現れて、「私たちでダンスの振り付けを考えたので見てください」と元気に言いました。教室におじゃますると、「あわてんぼうのサンタクロース」の曲にノリノリのダンスを加えて元気に歌ってくれました。



キレキレのダンス。とってもかわいかったですよ。

一方、家庭科室からは香ばしい香りが漂ってきます。2年生がポップコーンを作っていました。


ご安心ください。つまみ食いが許されるのは、このボールだけです。

自分たちで育てたポップコーン用のトウモロコシで作りました。絶対うまいよね。

休み時間や昼休みは、縄跳びがブームです。長縄を楽しんだり、練習板を使って高度な技に挑戦したりと、子供たちはめちゃめちゃ元気です。




高学年は流石にじょうずです。低学年も一生懸命練習しています。




練習板を使うと、空中での感覚が早く覚えられるので、すぐに上達します。

放課後、視聴覚室では、1月5日の真岡市小学生百人一首大会の練習が行われていました。




代表の5年生児童が、真剣に、楽しく練習中でした。
08:37 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2017/12/25

髙部としゑさん来校

| by 大内東小システム管理者
4年生の社会科では、益子焼きについて学んでいます。13日に、陶芸作家の髙部としゑさんをゲストに迎え、これからの益子焼きについて子供たちが考える授業のアドバイザーとしてご意見を伺うことができました。


益子焼きの発展について真剣に考える4年生


子供たちの質問に優しく答える髙部さん


廊下には、髙部さんの素敵な作品が展示してありました。
お忙しい中ありがとうございました。
08:30 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/12/21

おにのこづち

| by 大内東小システム管理者
今日は、演劇教室と演劇鑑賞会が行われました。第一部の演劇教室では、緊張のほぐし方や発声の仕方について学び、最後に6年担任と6年代表児童で朗読劇が行われました。すばらしい発表に会場は大きな拍手が響き渡りました。
第二部の演劇教室は「劇団 民話芸術座」による『おにのこづち』が上演されました。6年代表が特別出演しました。衣装を着て化粧もしてまさに女優。迫真の演技を披露しました。

出演前の先生と代表児童。笑顔が緊張でひきつってない?





みんなで、緊張をほぐす動きや、発声練をしました。


「おら、じごぐにいぎだぐね。ゆるしてけろ」みんなとても上手に朗読劇を行いました。

出番が終わって、ホッと一息。笑顔がはじけます。




「おにのこづち」に出演した、代表児童。とっても上手でした。
下級生たちは、「6年生になったら出てみたいなあ。」と口々にしていました。
17:20 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2017/12/13

その一生懸命さが素敵

| by 大内東小システム管理者
今日の音楽集会は、1年生の発表でした。自分たちで踊りを考え、自分たちで絵を描き、自分たちで一生懸命練習して今日の発表を迎えました。その一生懸命さが本当に伝わった、素晴らしい発表会でした。

今日の進行を行った6年生。いつもありがとう。



はじめに、今月の歌「あわてんぼうのサンタクロース」をみんなで元気に歌いました。



歌や合奏を表情豊かに発表しました。


自分で考えた「ことばあそびうた」を一人ずつ披露


お母さんにインタビュー「とっても上手でした。」

発表が終わって、ホッと一息!
14:19 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/12/12

素敵なリース!

| by 大内東小システム管理者
9日土曜日に、第6回大内東家庭教育学級が開かれました。益子町のいけがみ花店の池上香代子先生を招聘して、リース作りをしました。作業の手順や、飾り付けのレイアウトの的確なアドバイスを受けて、素敵な作品ができました。クリスマスでもお正月でも楽しめるリースで、長い間リビングや玄関を飾れると、みんな満足して解散しました。


講師の池上先生。とても丁寧に教えてくださいました。






素敵なお土産ができましたね。お疲れ様でした。
14:41 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2017/12/07

私と小鳥と鈴と

| by 大内東小システム管理者
12月4日から10 日は、人権週間です。今日の校長先生の話は、人権についてお話になられました。
校長先生からは、かつて、第二次世界大戦では、全世界で7,500万人もの人が、戦争で命を落としました。その痛ましい経験から、終戦後国際連合が1948年12月10日に世界人権宣言が採択されたと、人権週間の始まりについてお話がありました。低学年には、多少難しい内容でしたが、人権の意味について話を聞きながら考え、自分なりに吸収していました。

人権を表す3つのキーワード「安心・自信・自由」。学校生活でこれを守るのに必要なことは、「いじめ、いたずら、いじわるをしないこと」と、分かりやすく説明しました。
また、「人にされて嫌なことはしない。嬉しいことは、どんどんしよう。」とおっしゃいました。


子供たちは、自主的にメモをとって考えを深めていました。


最後に、全員で金子みすゞさんの「私と小鳥と鈴と」を群読して、校長先生の話は終わりました。
14:09 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
12345