新着情報

 

一斉メール配信記事一覧(過去10日間)

リンクリスト

本ホームページへの訪問者
COUNTER279231

オンライン状況

オンラインユーザー6人
ログインユーザー0人
登録ユーザー3人

Welcome to NetCommons!

                 

 

 

ホームページへのアクセスありがとうございます。

 

このページの著作権は山前小学校にあります。

無断での複製および二次利用は固くお断りします。

 

学校またはホームページに関するご意見、お問い合わせは

までお願いいたします。


 

あいさつ

真岡市立山前小学校長 小森一夫(平成30年4月1日~)
 4月より新任校長として本校に赴任しました。作年度まで6年間山前中学校に勤務しておりました。
 4月より3校の統合により新しい校舎で新しい山前小学校がスタートしました。児童が新しい環境で落ち着いて学校生活ができるよう職員一同心がけて支援・指導して参ります。学区が広くなったこともあり、保護者・地域の方々には何かとお世話になることが多くなると思いますが、児童の安心・安全のためにもなにとぞご支援・ご協力をお願いします。
            
 教育基本法では、教育の目的として、一人一人の「人格の完成」を目指して行われると示されています。また、「平和で民主的な国家及び社会の形成者として必要な資質」の育成も求められています。このように課せられた使命を果たすためには、山前小学校の児童を、自己実現を目指して生涯にわたり学び続けていけるようにしていくこと、主体的に社会に参画してこれから先の未来を自分たちの手でともに創造していけるようにしていくことが必要だと考えます。

このような考えから次のような学校経営方針のもと教育活動を行っていきます。

 学校経営方針

1 校長の教育理念

・知識基盤社会の中で、生涯にわたって学び、その成果を自らの成長と社会の形成に主体的に生かすことができる児童を育成する。(自立と社会参加(貢献))

・教育の適時性を失うことなく、温かさの中にも厳しさもって指導にあたり、自尊感情を高め、一人一人の自己実現をはかる教育を実践する。

2 学校教育目標

学校教育目標

仲良く助け合う子ども(一日一善)

ねばり強くがんばる子ども(一日二汗)

進んで学習する子ども(一日三考)

 

 学校経営方針

・教育基本法の教育理念や学校教育法に示された教育目標、県教育振興の基本理念、「教育の重点」、市学校教育目標等をふまえ、地域や学校及び児童の実態や課題を明確にし、知・徳・体の調和のとれた児童の育成に努める。

・「生きる力」を育むことをめざし、特色ある教育活動を展開する中で、基礎的・基本的な知識・技能の習得と思考力・判断力・表現力等の育成に努める。

・助け合う子ども、がんばる子ども、学習する子どもの育成に努め、学校教育に対する家庭や地域社会の思いや期待に応えることにより、地域に信頼される学校づくりに努める。

(1) 豊かな心を育むために、教育活動全体を通して、心の教育の充実に努める。

道徳的な心情、判断力、実践意欲と態度などの高い道徳性を備え、学校や家庭・地域の生活の中で生かし、公共のために行動できる児童を育成する。

(2) 基礎的・基本的な知識・技能の習得を図り、自ら学ぶ意欲を育む授業の創造
  に努める。

基礎的・基本的な知識・技能を確実に身に付け、課題解決のために必要な思考力・判断力・表現力を高め、主体的に学習に取り組む児童を育成する。

(3) 生涯にわたって健康を維持増進し、たくましく生きるための教育活動の推進
  に努める。

運動や健康・安全への理解と合理的な実践ができ、生涯にわたって運動に親しめ、健康の保持増進に心がけ、明るく豊かな生活が送れる児童を育成する。

    

(4) 地域環境を生かした地域とともにある学校づくりに努める。

教職員・児童・保護者・地域が目標・理念・方針を共有し、保護者や地域の方々の学校運営への参画を進め、学校・家庭・地域が一体となった学校経営を実践する。

(5) 学校危機管理体制の充実に努める。

自らの行動や外部環境に存在する様々な危険を制御して、自ら安全に行動したり、他の人や社会の安全のために貢献したりできる児童を育成する。

 

 

日誌

講話とあいさつ
2018/07/06

本年度のスローガン

Tweet ThisSend to Facebook | by 山前小システム管理者
 統合から順調に約3ヶ月が過ぎました。生徒の実態や本校のもつ教育的資源も職員間で共通理解できてきました。そこで新生「山前小学校」のスローガンを考えました。
「統合」から「伝統」へ
~きたえよう頭と体そして元気なあいさつ~

 「頭」は学力向上を指します。各種のテスト結果の分析から、弱点補強を図り、学力向上を図ります。。
 「体」は体力向上を指します。新体力テストの結果やスクールバス通学による体力の低下を抑えて丈夫な体作りを図ります。
 「元気なあいさつ」は規律ある学校生活を指します。あいさつのできる子はあいさつだけできる子ではありません。大人になるまでに基礎的な社会性を身に付けます。
子どもたちにも集会でお話ししました。
保護者・地域の皆様のご協力をよろしくお願いします。
16:34 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2018/05/15

5月9日(水) 校長講話

Tweet ThisSend to Facebook | by 山前小システム管理者

新学期が始まってちょうど1ヶ月。皆さんは学校になれましたか?

「新しいお友達ができた人?」

「担任の先生が好きな人?」

 

さて、学校生活になれてきた皆さんに提案があります。

私たち人間だけができること。それは目標を持つことです。

この1年間で「こんな人になりたい。」といった目標を持ってください。

それも2つ目標を作ってください。

 

1つ目の目標は「元気な挨拶のできる人」になってください。

これは校長先生からのお願いです。

「元気」ってどういうこと?

「大きい声」

「相手より先に」等

「あいさつ」てどんなのがありますか?

「おはようございます」

「さようなら」

「こんにちは」もありますね。廊下で先生やお客さんとすれ違うとき、「こんにちは」も言えるようになるといいですね。

 

2つ目は自分で考えてください。

さあ、どんな目標を考えますか?

目標を達成するために1学期はどうする。まで決められれば立派です。

 

目標が決まったら、大きめの紙に書いて、トイレに貼って、毎朝眺めましょう。私たち人間は残念ながら忘れる生き物です。目標を達成できたときの自分を想像してがんばりましょう。期待しています。


14:08 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)