日誌

おや、おかしいぞ、なんとかしなければ・・・

 福島第1原発事故で、福島県から横浜市に自主避難してきた中学1年の男子生徒がいじめを受けていた問題で、学校や市教委の対応の甘さや危機意識の薄さが問題視されています。
   この生徒は小学生のときに避難してきたそうですが、いじめはその直後から起こっています。複数の同級生から、名前に「菌」を付けてバイキン呼ばわりされたり、「放射能がうつる」などとからかわれたりしています。また、「賠償金あるだろ」などと言われ、ゲームセンターでの遊び代や食事代等の金銭を同級生から強請されています。しかもその額が法外で、1回5万~10万円、総額にして150万円にも上るというのです。これを知った親は、学校と市教委に相談しましたが、学校は「重大事態」と捉えず、市教委は学校へ介入できないと応じなかったということです。
 いじめの問題ではこれまでも、学校や教育委員会の「事なかれ主義」というか、危機感のなさがたびたび指摘されてきました。しかし、改善には至っておらず、今回も同じような事案が発生してしまいました。
   では、こういったことが繰り返されるのはどこに問題があるのでしょうか。
  いくつか考えられますが、私は特に「おや、おかしいぞ」と感じる気持ち、つまり「感覚」に問題があると思います。今回のいじめの件で言えば、小学生の間で万単位の金銭のやりとりがあったわけですから、「おや、おかしいぞ」と感じてしかるべきです。いかなる理由があったとしても、小学生が何万円ものお金を扱うこと自体、おかしいと感じなければいけないのです。
 そして、おかしいと感じたならば、次に「なんとかしなければ・・・」という気持ち、つまり「意識」の問題です。この意識さえあれば、被害者と加害者、そして、それぞれの保護者に対しても真剣に向き合い、解決に向けて誠心誠意対処することができるはずです。
    学校では、いじめに限らず様々な問題が発生します。それらの問題を早期に発見し、適切に対応することが求められます。そのためには、全ての教職員が「おや、おかしいぞ」という感覚、そして「なんとかしなければ・・・」という意識を常にもっていることが大切です。いや、教職員だけでなく子供たちにも、「おや、おかしいぞ、なんとかしなければ・・・」という鋭い感覚と強い意識を植え付けなければなりません。そのためにも、教師自身が自らの感覚を磨き、意識を高めることが必要なのです。