新着
 夏休みも後半に入りました。これまで各学校の適切な指導のお陰で、子供の命に関わるような交通事故や水難事故等もなく、無事夏休みが送れていますことに感謝申し上げます。 さて、去る8月1日(木)に茨城県笠間市で、文部科学省主催「児童生徒の自殺予防に関する普及啓発協議会」が開催されました。協議会と言っても実際は、文部科学省の行政説明と九州産業大学の窪田由紀教授の講話・演習でした。私も、子供たちの尊い命を自殺から守れるならと思い、藁をも掴む思いで参加させていただきました。 ほぼ1日の講話・演習でしたが、特に成果と言えば、「子供の助けを借りる」ということの重要性を再確認したことです。このように言いますと、「え!それだけですか」と言われてしまうかもしれませんが、実はこれは極めて大切なことです。つまり、子供のことは子供が一番よく知っていて、たとえ自殺であっても、必ずSOSのサインを周囲の子供には発信しているということです。ということは、自殺を未然に防ぐには、発信されたSOSのサインを、教師が周囲の子供からいかにキャッチするか、が決め手となります。そのための「子供の助けを借りる」ということであって、それ...
令和元年8月6日(火)、市民”いちご”ホールの小ホールにて、市内小中学校の教職員を対象に、教職員情報セキュリティ研修会が開催されました。午前と午後の2回に分けて、計285名(午前143名、午後142名)が参加されました。 セキュリティ研修会では企業の講師をお招きし、不正アクセスの事例、不審なメールの見分け方、パスワード管理の重要性などを紹介していただきました。情報セキュリティは、一人一人の意識の維持・向上がとても重要です。参加された教職員の中には、この研修会で学んだセキュリティ対策をすぐに実践したいという意見がありました。  
令和元年7月24日(水)と25日(木)の二日間、栃木県立真岡工業高等学校にてプログラミング体験教室が実施されました。両日とも同じ内容で、市内の小学4・5・6年生39名(24日20名、25日19名)が参加しました。今回は、真岡工業高等学校の電子科の先生3名と、電子研究部の生徒8名に講師とサポートを引き受けていただきました。 栃木県立栃木工業高等学校が開発したプログラミング教材 SkyBerryJAM(R)(スカイベリージャム)を使用し、LEDを点灯させたりロボットを動かしたりして、プログラミングの基礎・応用について学びました。      
真岡市では、児童・生徒の一人一人の個性を生かし、きめ細かな指導の充実を図るために、担任の補助を業務とする非常勤職員を募集します。 【応募条件】 ・小学校または中学校の教員免許を有している方。  ・市内の中学校に通勤可能な方。   ※兼業はできません 【雇用期間】  令和元年9月2日(月)から令和2年3月31日(火)まで (夏休み、冬休み等長期休業期間は勤務がありません) 【雇用人数】  教育補助者1名  【賃金】 日額8,000円(6時間勤務) ※通勤手当・雇用保険・社会保険加入 【応募方法】 市販の履歴書(教員免許の写し又は卒業見込み証明書を添付)、職務経歴書に必要事項を記入し、 7月31日(水)までに真岡市教育委員会学校教育課へ持参又は郵送してください。【採用方法】 面接試験 面接は随時行います【申し込み・問合せ】 真岡市教育委員会 学校教育課総務係              電話 0285-83-8180              住所 〒321-4395 栃木県真岡市荒町5191                                                 地図はこちら(総合体育館付属館西側)                          【そ...