新着
校長室より

校長室より

【校長室よりNo.76】見方を変えれば(リフレーミング)

写真は、昇降口付近の廊下に掲示してある、「リフレーミング・カード」です。カードには、一般的に短所と捉えがちな言葉が書かれておりますが、裏返すと、その短所とも捉えがちな言葉を長所に変えたものが書かれています。リフレーミングとは、物事を見る枠組みを変えることを意味します。要するに、短所とも捉えがちな人の行動や性格も、見る角度を変えれば長所とも捉えることができ、「互いを認め合う社会」に向かうことができるのだろうと思います。廊下を通る生徒たちは、時折、リフレーミングカードを裏返し、自分自身の中にある枠組みを確認しているようです。

【校長室よりNo.75】配慮と感謝

本日から、全員登校が始まりました。久しぶりに友達に会うことができた生徒たちは、とても素敵な笑顔で再会を喜んでいました。そして、久しぶりのフルメニューでの給食でしたが、感染予防に配慮し、全員が前を向いての「黙食」を確実に実施してくれていました。そんな中でも、数人の生徒に話を聞くと、「やっぱり、学校の給食はおいしいです。」「改めて、いろいろなものが食べられることに感謝しなけれなりません。」と話してくれました。

【校長室よりNo.74】登下校の安全確保

全国的に、小中学生の登下校中の事故が後を絶ちません。真岡東中では、交通安全担当を中心に、生徒から登下校路の危険箇所を調査し、その危険箇所を説明するを各学年の廊下に掲示しております。かけがえのないたった一つの命を守るためにも、ご家庭でも登下校路の安全について、話題にしていただければと思います。(御来校の際には、掲示をご覧いただき、危険箇所をご確認ください。)

【校長室よりNo.73】秩序ある生徒の行動に感謝です

分散登校が始まって7日目。感染への配慮が求められる中での授業ですが、教師の配慮はもちろんのこと、生徒たちも主体的に感染予防に配慮した学校生活を送ってくれております。現在の感染拡大を抑えることはもちろんのことですが、生徒たちには、今の経験を生かして、自分の力で自分の健康を守る資質が求められます。そういった意味からも、主体的に秩序ある行動をとっている生徒たちは、生涯役立つ資質を身につけたのだろうと思います。(部活動もなく、運動不足気味の生徒たちですが、体育の授業ではソーシャルディスタンスをとって、体力向上をはかっています。)

 

【校長室よりNo.72】細心の感染予防の中で

9月2日は、分散登校二日目でした。雨降る中の登校でしたが、生徒たちは元気に登校してくれました。昇降口では、各学年主任が朝の挨拶をしながら、全ての生徒の手指消毒を行い、サーマルカメラで体温チェックを行っています。授業も、互い違いに座席をとり、ソーシャルディスタンスを保持して進めております。細心の感染予防の中で実施されている分散登校ですが、何よりも生徒たちが主体的に感染を予防する行動をとってくれていることに感謝します。

【校長室よりNo.71】生徒の笑顔がこだまする(分散登校初日)

42日間にわたる夏休みを終え、本日から第二学期が始まりました。残念ながら分散登校という形で、全生徒がそろうことはありませんでしたが、生徒の笑顔がこだまする学校は、私たち教職員の心をわくわくさせてくれました。

(授業も給食も、感染への配慮がされた中で行われました。)

【校長室よりNo.70】地域とともに・・・

7/19は、全校美化(いわゆる大掃除)が実施されました。それに際して、保護者の方々に清掃指導・助言をお願いしたところ、祖父母の方を含め7名の方が御来校くださり、生徒に指導をしながら、一緒に清掃活動をしてくださいました。生徒たちは保護者の方々から清掃のご指導をいただくことは初めてなので、戸惑っておりましたが、素直に助言を受けて一生懸命に取り組んでおりました。地域と一体となった取り組みが徐々に浸透し、温かい空気が漂う真岡東中でした。

【校長室より N69】命を守る術

7/12から体育科で水泳の授業が始まりました。初日の生徒の泳力状況を確認すると、25mを泳ぎ切れない生徒が多数いることが判明。急遽、校長が個別指導に当たることにしました。早く泳げなくとも、水泳は自分の命を守る術でもあります。生まれて初めて自分の力で25mを泳ぎ切った生徒と、喜びを分かち合いました。

【校長室より N68】郡市総体を終えて

本日で、4日間にわたる郡市総体が終了となります。3年生にとっては、最後の大会となったわけですが、それぞれの部が、2年半にわたる練習の成果を発揮すべく、必死に競技に取り組んでくれました。4日間かけて全ての部の応援に回りましたが、友達と励まし合いながら競技する微笑ましい姿を見ては顔がほころび、敗北して涙を流す姿を見ては、もらい泣きし。東中生徒の頑張る姿、温かい姿を間近で見ることができ、幸せな4日間となりました。

 

【校長室より No.67】古に学ぶ

修学旅行で会津からアップしております。白虎隊を育てた日新館の入り口に【什の教え】があります。時代にそぐわないと思われる内容もありますが、日本古来の厳格な教えから学ぶことも多いと感じました。

おしらせ

おしらせ

9月22日(水)全校朝会

 22日(水)全校朝会がありました。校長先生から、①吹奏楽部が東関東大会で金賞を受賞し、東日本大会への出場が決まったこと、②新人各種大会が中止になり、春季大会まで7か月と長い期間があるが、その期間を大切にして練習に取り組むこと、③SNSトラブルなどをはじめとする「いじめは絶対に許さないこと」などお話がありました。
 その後、教頭先生より、①誹謗中傷、悪口、自分が言われて傷つくことは送らないこと、受け取った相手がどう思うかよく考えることなど、タブレット端末やSNSなどを使っていじめにつながるような書き込みは絶対にしないことを確認しました。

9/15(水)3年学年朝会

 15日(水)体育館で3年生が学年朝会を行いました。まず2学期の各クラスの学級委員が今学期の抱負を述べました。「受験への意識をより高めていきたい」「クラスの心をひとつにして三大行事に取り組みたい」「最高学年として下級生の手本となるような取り組みをしていきたい」「卒業まで日数が少しずつ減ってきているので、クラスの一人一人に感謝して過ごしていきたい」など今学期への思いが込められていました。
 その後、夏休み中に関東大会に出場した陸上、水泳、卓球の4名の生徒をたたえました。また、今週末に東関東大会に出場する吹奏楽部、全国大会に出場する空手の生徒に学年全体でエールを送りました。

9/13(月)通常登校が始まりました!

 10日(金)までの分散登校も終わり、45分の短縮授業ではありますが、学級全員での通常登校になりました。教室もクラスのみんながそろって、生徒のみなさんもやっと普段の学校生活が戻ってきたという感じで、安心した雰囲気で授業に臨んでいました。

9月1日(水)、2日(木)始業式

  42日間の夏休みも終わり、学級を2つに分けての分散登校のため、9月1日(水)2日(木)に始業式が行われました。代表生徒の2学期の抱負発表に続き、校長先生からお話がありました。「目的を定めて目標を達成する」という題目で、最終目的は、幸せな人生を送ることであり、そのために有意義な中学校生活を送る、そのために1つ1つ目標をクリアする(駅伝大会であれば、駅伝に取り組むことで、全員で協力すること、励まし合うこと、辛いことを乗り切ることなど)ということでした。「常に目的を意識する」ことが大切であると話されました。
 その後、養護教諭の川上先生より、「緊急事態宣言下における新型コロナウイルス感染症対策」について、デルタ株、予防の確認、できている行動、できていない行動など説明がありました。特に密にならないように、接触をさけるなど感染リスクを減らすための行動を心がけ学校生活を送りましょうと説明いただきました。

9月1日からの分散登校に関するお知らせ

緊急事態宣言下における分散登校等の対応につきまして、保護者の皆さまのご理解とご協力に心より感謝申し上げます。9月1日からの分散登校に関して、下記の通りお知らせいたします。(1)分散登校は、A班(各学級出席番号の奇数番の生徒)、B班(各学級出席番号の偶数番の生徒)とし、A班の登校日は、1日(水)・3日(金)・7日(火)・9日(木)です。B班の登校日は、2日(木)・6日(月)・8日(水)・10日(金)です。(出席番号が分からない場合は、お手元の通知表でご確認下さい。)(2)日課は、8時までに登校し、給食を挟んで5校時実施し、13時55分下校となります。(詳細な日課表は、添付ファイルおよびHPにありますのでご確認下さい。)(3)給食は、パン・牛乳・デザ-トのみとなります。(4)この期間の部活動は実施いたしません。(ただし、吹奏楽部は東関東大会に出場するため、感染防止を徹底して実施します。)(5)分散登校期間は、ジャ-ジ登校を可能とします。(6)登校しない日の学習内容については、登校初日に担任より連絡いたします。(7)9/7に実施を予定していた実力テストは、9月13日(月)に5教科実施します。 保護者の皆さまには、分散登校に際して多大なるご迷惑をおかけすることとなりますが、ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。 真岡東中学校長

9月1日から15日までの予定.xlsx.pdf

分散登校の日課表.pdf