新着
校長室より

校長室より

【校長室よりNo.83】音楽の力:校内に響くハーモニーの意味するもの

いよいよ明日が「ひがしの祭」です。運動会を終えて、十分な準備期間がない中での学校祭・合唱コンクールですが、生徒たちと担任・担当が一つになり、少ない時間を有効に使いながら練習・準備を進めてきました。今朝は、本番前日の合唱練習で、あちらこちらから素敵な歌声が聞こえてきました。明日は、各家庭1名に限定させていただいた上での公開となりますが、十分な感染予防をした上での御来校をお待ちしております。生徒たちは、心を一つにした素敵な唄を歌い上げてくれると信じています。

【校長室よりNo.82】生徒による主体的な学び(ICTの活用)

全ての先生方の授業を参観し、指導方法等について先生方と、生徒にとってよりよい授業になるよう話し合いを重ねています。授業参観のポイントは、「生徒が次の授業が楽しみになるような、ドラマティックな授業」を合い言葉に話し合いを進めています。下の写真は、3年生の社会科の授業ですが、生徒たちはタブレットをスムーズに使いこなし、調べたことをもとに、自分の考えをまとめ、友達と共有したり議論したりしていました。効果的なICTの活用が、生徒たちの主体的な学びをより促進させる授業を、試行錯誤しながら全教科で進めています。

【校長室よりNo.81】一心不乱(東日本吹奏楽コンクール)

10月9日に北海道・札幌において、東日本吹奏楽コンクールが開催されました。各都道府県そして各地域の代表として出場した各学校の演奏は、それぞれが特徴があり、聴く人を魅了する演奏ばかりでした。その中でも、真岡東中の演奏は、会場が凍り付いたかのような緊張感のある演奏でした。会場で生徒たちの必死に演奏する姿を見届けようと、札幌まで行ったのですが、演奏が始まるやいなや、涙が溢れてきて、生徒一人ひとりの顔をまともに見ることができませんでした。しかし、耳は研ぎ澄まし、「一心不乱」に演奏する音を堪能してきました。感性や価値観が異なる20名は、「一心不乱」を合い言葉に、限られた時間の中で練習に励んできました。そして、全員で獲得した金賞。これまでの努力に心から敬意を表します。

 

【校長室よりNo.80】寄り添った指導

本日より2学期の中間テストが始まりました。本来は、生徒下校後に職員会議を予定しておりましたが、職員会議の開始時刻を遅らせて、「質問タイム」と称して、生徒からの質問を各教科の教職員が受ける設定を実施しました。残って質問をする生徒は決して多くはありませんでしたが、少人数で寄り添った指導を受けていました。この取り組みが、恒例化し、より多くの生徒が質問のために残り、教師が大忙しになる日が来ることを楽しみにしています。

【校長室よりNo.79】幸せな時間・空間

台風一過の晴天に恵まれ、二度延期した運動会を無事に終えることができました。昨日の台風の影響で、前日の準備がほとんどできない状態で、当日の朝を迎えました。しかし、「東中パパさん学校応援隊」の方々に準備のお手伝いをお願いしたところ、多くのお父さん方が朝早くから御来校くださり、会場設営等の準備を手伝って下さいました。開会式で、「生徒も、保護者も、教師も幸せだったといえる有意義な運動会にしましょう。」と話しましたが、まさに「幸せな時間・空間」でした。終了後も多くの保護者の方々がテントの片付けを手伝って下さり、あっという間に終えることができました。「地域とともにある東中」を確信した令和3年度の秋季運動会でした。

【校長室よりNo.78】東日本吹奏楽コンクールに向けて

本日の朝刊にも記事として取り上げられておりますが、本校の吹奏楽部が、過日の東関東吹奏楽コンクールで見事金賞に輝き、10月9日に北海道・札幌で実施される東日本吹奏楽コンクールに出場することになりました。それを受け、昨日は真岡市長さんから、激励金と激励のお言葉をいただきました。全国1を目指す本校吹奏楽部の音楽は、聴く人全ての心を感動させてくれる素晴らしいものです。

【校長室よりNo.77】運動会に向けて

いよいよ今週の土曜日が運動会となります。度重なる延期で、生徒たちも戸惑い、保護者の皆様にもご迷惑をおかけしたことと思います。しかし、生徒たちは本当に少ない練習時間ですが、「主体的」に話し合って、クラスの勝利を目指して一生懸命取り組んでおります。緊急事態宣言が解除されれば、予定通り、保護者2名の参観を認めさせていただき、生徒たちが頑張る様子をご覧いただきたいと思っております。十分な感染予防策を講じた上での参観にご協力ください。

【校長室よりNo.76】見方を変えれば(リフレーミング)

写真は、昇降口付近の廊下に掲示してある、「リフレーミング・カード」です。カードには、一般的に短所と捉えがちな言葉が書かれておりますが、裏返すと、その短所とも捉えがちな言葉を長所に変えたものが書かれています。リフレーミングとは、物事を見る枠組みを変えることを意味します。要するに、短所とも捉えがちな人の行動や性格も、見る角度を変えれば長所とも捉えることができ、「互いを認め合う社会」に向かうことができるのだろうと思います。廊下を通る生徒たちは、時折、リフレーミングカードを裏返し、自分自身の中にある枠組みを確認しているようです。

【校長室よりNo.75】配慮と感謝

本日から、全員登校が始まりました。久しぶりに友達に会うことができた生徒たちは、とても素敵な笑顔で再会を喜んでいました。そして、久しぶりのフルメニューでの給食でしたが、感染予防に配慮し、全員が前を向いての「黙食」を確実に実施してくれていました。そんな中でも、数人の生徒に話を聞くと、「やっぱり、学校の給食はおいしいです。」「改めて、いろいろなものが食べられることに感謝しなけれなりません。」と話してくれました。

【校長室よりNo.74】登下校の安全確保

全国的に、小中学生の登下校中の事故が後を絶ちません。真岡東中では、交通安全担当を中心に、生徒から登下校路の危険箇所を調査し、その危険箇所を説明するを各学年の廊下に掲示しております。かけがえのないたった一つの命を守るためにも、ご家庭でも登下校路の安全について、話題にしていただければと思います。(御来校の際には、掲示をご覧いただき、危険箇所をご確認ください。)

おしらせ

おしらせ

明日のひがし野祭の前日準備をしました!

 10月23日(土)にひがし野祭が開催されます。それに向けて本日の午後準備を行いました。合唱コンクールが行われる体育館の会場準備、控え場所となる武道館の飾り付け、各学級の掲示物の準備などに生徒のみなさんは一生懸命に取り組んでいました。明日は、ひがし野祭当日です。今までの練習の成果を十分に発揮して最高の合唱に、そしてよりクラスの絆を深めてほしいと思います。

 

10/23(土)ひがし野祭のお知らせ

10月23日(土)にひがし野祭が開催されます。お子様のいる学年の合唱コンクールのみを参観していただくことになりますのでよろしくお願いします。以下に当日の日程や注意事項について掲載させていただきます。よろしくお願いいたします。

1 各学年の合唱の時間
 1年     9:30~10:00
 2年    10:10~10:40
 3年・特設 10:50~11:30

2 場  所  真岡東中学校体育館(受付、控え室は武道館)

3 受付時間 各学年の20分前より受付いたします。受付は武道館南側の入り口になります。
  1年受付  9:10~
  2年受付  9:50~
 3年受付 10:30~
  ・座席指定となります。
  ・出口は体育館北側になります。

4 その他
  ・来校できる人数は原則各家庭1名のみです。卒業生や他校の生徒の入場はできません。
 ・駐車場は、校庭または学校北側の県道脇駐車場になります。
  ・靴は各自でお持ちください。スリッパ、上履き等をお持ちください。
  ・学校にお越しになる前に、必ず検温をし、体に異常がないことを確認した上で、マスク着用をお願いします。
  ・演奏中の会場への出入りはご遠慮ください。
    (卒業記念CD作成のため録音しています)
 ・携帯電話は電源を切る、マナーモードにするなど音が鳴らない状態にしてください。
 ・時計やカメラのアラーム音がならないようにしてください。 

10月19日(火)読み聞かせ会(2年)がありました!

 本日の朝8時から、2年生の4クラスで読み聞かせ会がありました。4名の読み聞かせボランティアの方から、「こうがい坂(市貝の民話)」、「葉っぱのフレディいのちの旅」、「てがみをください」、「こんとあき」、「あるヘラジカの物語」、「空が青いから白を選んだのです」を読み聞かせいただきました。2年生の生徒は、背筋を張り、身を乗り出すように夢中になって聴いていました。読み聞かせボランティアからからも「読んだ私が感動するほど、皆さんの聞く態度がすばらしく、感動しました」などの感想もいただきました。

10月14日(木)進路説明会が開催されました!

 本日の午後1時30分より3年生の生徒・保護者を対象に進路説明会が開催されました。進路指導主事をはじめ第3学年担当より、私立高校入試の仕組み、私立高校出願手続き、茨城県立高校入試、栃木県立高校入試などについて、資料をもとに説明しました。10月25日から三者面談も始まります。3年生にとって進路を決定していく大切な時期に入っていきます。本日の進路説明会の内容をもとによくご家庭で話し合って進めていってほしいと思います。

10月14日(木)教育実習生が研究授業をしました!

 本日の3校時目に1年3・4組の保健体育で教育実習生が研究授業を行いました。器械運動(マット運動)で側方倒立回転いわゆる側転をできるようにしようとういう内容でした。自分の動きを画面で確認したり、跳び箱を使って練習したりと工夫が取り入れられていました。
 3週間の教育実習も明日が最終日になります。3週間の真岡東中での教育実習を今後の大きな財産にして進んでほしいと思います。