おしらせ

おしらせ

感染症の予防

 栃木県でも緊急事態宣言が出され、感染予防について一層の注意が必要です。部活動を行う時に、特に心がけることを再度確認し、みんなで気を付けるよう養護教諭から説明がありました。各クラスでも、体調がすぐれない場合は決して無理をしないよう呼びかけています。

書写ボランティアのご協力

 12月に、冬休みの宿題「書き初め」の出品に向けた書写ボランティアのお願いをしたところ、快く引き受けていただきました。放課後の時間に来校していただき、出品名簿の作成をお手伝いいただきました。

お忙しい中、大変ありがとうございました。

3学期がスタート

 空気も凍るような寒い朝でしたが、生徒たちは元気に登校し3学期のスタートです。始業式では各学年代表生徒による3学期の抱負発表がありました。「クラスの時間を大切にし、上級生になるための準備をしたい」「苦手教科の克服を目指し、学力を向上させたい」「思いやりの気持ちをもって伝統を引き継ぎたい」など、しっかりとした決意が述べられました。

校長式辞では「新年の青空に向かって、どのように成長したいか考えましょう」と話され、各教室の生徒一人ひとりが新たな誓いを立てたことでしょう。そして1年生には「貴重な3分の1を確認するとき」2年生は「自分の生き方を探すとき」3年生には「夢・希望、新たな世界へ」との合い言葉をいただきました。

2学期終業式

 様々なことが例年とは違った長い2学期も終業式となりました。学年代表生徒による「2学期のふり返り」では、制限のある生活の中で培った仲間との絆や、当たり前のことに感謝する気持ちなど、充実した時間であったことがうかがえました。校長式辞では、様々な状況下において工夫を凝らした学校行事や学力向上に向けてひたむきに努力したことなど、生徒一人一人が大きく成長し感動と感激を味わうことができたと話されました。

その後、学校内外におけるたくさんの活躍と賞状等の伝達がありました。

午後の学級活動では、担任の先生から通知表と励ましの一言をもらい冬休みを迎えます。

人権に関する講話

 1年生の人権講話(体育館)がありました。学年の先生から、人が生まれながらにしてもっている権利であり、欠かすことができない権利であると話を聞きました。グループに分かれてのアクティビティ、背中にシールを貼ったワークショップなどを体験し、かけがえのない命について学びました。

 また、3年生は校長先生から「ハンセン病」に関するお話を聞き、不当な差別があってはならないことなどを真剣に考えていました。

学校公開日(第2回)

 12/17(木)は第2回目の学校公開日でした。気温が低くとても寒い一日でしたが、50名ほどの保護者の方々が参観されました。年末の忙しい中、ご来校いただきありがとうございました。

生徒会役員選挙

 令和3年度の生徒会役員選挙に向けて、立候補者・応援演説者・責任者による選挙運動が行われています。「おはようございます」と元気なあいさつの後、「清き一票をお願いします」と爽やかな声が響いています。立会演説会と投票は12/18(金)です。

全校一斉奉仕活動

 全校一斉の奉仕活動「落ち葉掃き」です。生徒会環境委員会が中心となって準備をして、校庭の落ち葉掃き(約30分間)を行いました。自分たちの学校をきれいに、感謝の気持ちをもって作業に取り組んでいました。

思春期教室(2年生)

 2年生の思春期教室を行いました。助産師さんから、男性と女性にはそれぞれの役割があり尊い命が誕生する、とのお話を聞きました。この世に生まれた日は「生命の記念日」、その確率は45億分の1とも言われるそうです。また、代表生徒が妊婦体験を経験し「からだが重くて動きづらい」との感想もありました。赤ちゃん(等身大ダミー)を抱く体験もさせていただき、生命の大切さを考える良い機会となりました。

音楽の様子

 音楽の授業で、箏の実習(1年生)が行われました。講師の先生からとても丁寧に教えていただきました。「初めて触った」「手が痛いけど、楽しい」など、生徒たちは熱心に取り組んでいます。礼儀作法を学びながら、「さくらさくら」に挑戦しています。