おしらせ

おしらせ

真岡市総合学力調査

  生徒の学力や学習の状況等を把握・分析して一人ひとりの課題を明らかにするとともに、今後の学力向上につなげることを目的として、1年生と2年生が真岡市総合学力調査を受けました。どちらの学年も5教科で行われ、国語と英語では聞き取りの問題もありました。今まで学習した力を試そうと真剣な様子でした。

中学校入学説明会

 1月18日(月)、4月から東中に入学予定の小学校6年生児童とその保護者を対象に、中学校説明会を実施しました。小学校とは違った環境で学習や部活動に取り組むことになり、児童の皆さんや保護者の方々は不安があることと思います。少しでも中学校の生活を感じてもらえるように、授業や部活動の様子を見学する時間を設けました。体育館では、新生徒会役員による学校紹介も行われました。新たな希望と笑顔いっぱいの新入生を心からお待ちしています。

感染症の予防

 栃木県でも緊急事態宣言が出され、感染予防について一層の注意が必要です。部活動を行う時に、特に心がけることを再度確認し、みんなで気を付けるよう養護教諭から説明がありました。各クラスでも、体調がすぐれない場合は決して無理をしないよう呼びかけています。

書写ボランティアのご協力

 12月に、冬休みの宿題「書き初め」の出品に向けた書写ボランティアのお願いをしたところ、快く引き受けていただきました。放課後の時間に来校していただき、出品名簿の作成をお手伝いいただきました。

お忙しい中、大変ありがとうございました。

3学期がスタート

 空気も凍るような寒い朝でしたが、生徒たちは元気に登校し3学期のスタートです。始業式では各学年代表生徒による3学期の抱負発表がありました。「クラスの時間を大切にし、上級生になるための準備をしたい」「苦手教科の克服を目指し、学力を向上させたい」「思いやりの気持ちをもって伝統を引き継ぎたい」など、しっかりとした決意が述べられました。

校長式辞では「新年の青空に向かって、どのように成長したいか考えましょう」と話され、各教室の生徒一人ひとりが新たな誓いを立てたことでしょう。そして1年生には「貴重な3分の1を確認するとき」2年生は「自分の生き方を探すとき」3年生には「夢・希望、新たな世界へ」との合い言葉をいただきました。

2学期終業式

 様々なことが例年とは違った長い2学期も終業式となりました。学年代表生徒による「2学期のふり返り」では、制限のある生活の中で培った仲間との絆や、当たり前のことに感謝する気持ちなど、充実した時間であったことがうかがえました。校長式辞では、様々な状況下において工夫を凝らした学校行事や学力向上に向けてひたむきに努力したことなど、生徒一人一人が大きく成長し感動と感激を味わうことができたと話されました。

その後、学校内外におけるたくさんの活躍と賞状等の伝達がありました。

午後の学級活動では、担任の先生から通知表と励ましの一言をもらい冬休みを迎えます。

人権に関する講話

 1年生の人権講話(体育館)がありました。学年の先生から、人が生まれながらにしてもっている権利であり、欠かすことができない権利であると話を聞きました。グループに分かれてのアクティビティ、背中にシールを貼ったワークショップなどを体験し、かけがえのない命について学びました。

 また、3年生は校長先生から「ハンセン病」に関するお話を聞き、不当な差別があってはならないことなどを真剣に考えていました。

学校公開日(第2回)

 12/17(木)は第2回目の学校公開日でした。気温が低くとても寒い一日でしたが、50名ほどの保護者の方々が参観されました。年末の忙しい中、ご来校いただきありがとうございました。

生徒会役員選挙

 令和3年度の生徒会役員選挙に向けて、立候補者・応援演説者・責任者による選挙運動が行われています。「おはようございます」と元気なあいさつの後、「清き一票をお願いします」と爽やかな声が響いています。立会演説会と投票は12/18(金)です。

全校一斉奉仕活動

 全校一斉の奉仕活動「落ち葉掃き」です。生徒会環境委員会が中心となって準備をして、校庭の落ち葉掃き(約30分間)を行いました。自分たちの学校をきれいに、感謝の気持ちをもって作業に取り組んでいました。

思春期教室(2年生)

 2年生の思春期教室を行いました。助産師さんから、男性と女性にはそれぞれの役割があり尊い命が誕生する、とのお話を聞きました。この世に生まれた日は「生命の記念日」、その確率は45億分の1とも言われるそうです。また、代表生徒が妊婦体験を経験し「からだが重くて動きづらい」との感想もありました。赤ちゃん(等身大ダミー)を抱く体験もさせていただき、生命の大切さを考える良い機会となりました。

音楽の様子

 音楽の授業で、箏の実習(1年生)が行われました。講師の先生からとても丁寧に教えていただきました。「初めて触った」「手が痛いけど、楽しい」など、生徒たちは熱心に取り組んでいます。礼儀作法を学びながら、「さくらさくら」に挑戦しています。

学年朝会(3年生)

 3年生の学年朝会で、これからの学習に向けてのヒントを校長先生から聞きました。「入試は団体戦」みんなで一丸となって取り組もう、「数学のネバーランドへ」数学を勉強して未知の世界へ行きませんか、「長期的記憶」少ない時間でも毎日やり続ける。高校入試など進路の選択を迎える3年生へのアドバイスでした。

2年生の読み聞かせ

 今日の読み聞かせ「ハーモニータイム」は2年生でした。1組が「勝道上人」真岡市にまつわる民話。2組が「かあちゃんなんか大きらい」家族の大切さに感動。3組は「モモちゃんとアカネちゃん」幼い女の子のファンタジー。どのクラスも、真剣な様子で聞いていました。ボランティアの方からも「子どもたちの目がキラキラしていて、こちらも元気をもらいました」と感想をいただきました。

生き方講話12/2

 12/2(水)に生き方講話を行いました。今回の講師は、サッカーのJリーグクラブで指導をされてきました 松永英機 先生です。サッカー選手として、また指導者として多くの経験の中から「CHANCE、CHALLENGE、CHANGE」と題してお話をいただきました。2年生は体育館で、1・3年生はZoomを活用して教室で視聴しました。「一人の力ではできないチームワーク」「へこたれないこと」「人間力」「夢」など、これから成長していく中学生にとって心に響くお話でした。そして最後に『人との出会いを大切に』との言葉をいただきました。代表生徒から「夢に向けて技術も大事だが人間力も高めたい」とお礼の言葉を述べました。

シトラスリボン作成

 アート文化部と3年生の有志で、シトラスリボンの作成をしています。新型コロナウイルス感染者や医療従事者への差別をなくそうと、シトラスのカラーリボンをつけ思いやりの輪を広げるプロジェクトです。ボランティア活動をしている「にじいろもおか」の方々から、作り方を教えていただきました。地域・家庭・職場を象徴する3つの輪から、やさしさがいっぱいに広がりますように・・・。

3年生の読み聞かせ

 読み聞かせボランティアによる「ハーモニータイム」。3年生は2回目です。1組は「半日村」と「詩集(星野富弘)」、2組は「三ねんねたろう」、3組は「語り継ぐお話絵本 ふたつの勇気」4組は「モモちゃんとアカネちゃん」。ボランティアの方からは、落ち着いた雰囲気で集中してよく聞いてくれましたと、感想をいただきました。

 

避難訓練

 11月27日(金)避難訓練を行いました。感染症拡大予防のため全校生徒の一斉避難ではなく、動画『地震火災~あなたの命を守るためにできること~(消防庁)』を視聴しました。その後、消防署員の方から大切な3つのお話をいただきました。①火災が起きたら大声で周囲に知らせ、早めに避難すること。②パニックになって、煙を吸わないようにすること。③消火器の正しい使い方を身に付けること。特に空気が乾燥するこの時期、災害は学校や自宅以外の場所でもいつ起こるかわからないという意識をもってほしいと思います。

いじめサミット

 生徒会の生活安全委員会が中心となって「いじめサミット」を行いました。全体のテーマ『①いじめを許してしまう学級や教室の雰囲気はどういうものか。②いじめを許さない学級や教室の雰囲気はどういうものか。』について事前に学級で話し合い、意見をまとめ、代表者が発表しました。教室では、心に感じたことをしっかりと書き取っていました。その表情は真剣そのものです。この後は各学級でいじめ撲滅宣言を作成します。『他人事ではない、自分事として…』

 

全校朝会で「ビブリオバトル」

 全校朝会で、ビブリオバトルを行いました。本校職員4名が「お薦めする本」を持ち寄って制限時間内にその本を紹介します。各クラスでは、どの本が一番読みたくなったかを投票しました。以下は、各先生からのコメントです。齋藤先生「14歳の君へ~どう考えどう生きるか~」人生の役に立つ本です。岩渕先生「なぜ僕らは働くのか」将来の可能性があふれる皆さんへ。校長先生「アルジャーノンに花束を」本当の幸せとは何か。亀田先生「職場での自己肯定感がグーンと上がる大全」自分自身を好きになる処方箋です。生徒の皆さんには、これを機会にたくさんの本に親しんで、たくさん世界を感じてほしいと思います。昼休みの図書室には、早速、紹介された本を探す生徒たちがいました。

1年生の読み聞かせ

 今日は、1年生のクラスで読み聞かせを行っていただきました。1組は「さるのオズワルド」と「へいわってどんなこと?」の2冊、2組は「Life」、3組は「ウエズレーの国」と「てがみをください」、4組は「桃源郷ものがたり」でした。1年生は、昨年(小学校6年生の時)の読み聞かせから間もないので、特に興味深く聞いていました。4組の生徒からは「自分で、もう一度読んでみたい」との感想がありました。次回は12月1日(火)3年生の予定です。

特定非営利活動法人より

特定非営利活動法人「まわた」の理事 様から「諸事情により、朝食が食べられない子供たちへ」とのご厚意で、乾パンをいただきました。生徒や保護者の方と相談しながら、活用させていただきます。

◇特定非営利活動法人の連絡先

真岡市石島893-15 TEL 0285-81-5522(理事:石田)様

2年生「生き方講演会11/12」

11/12(木)5時間目に行われた生き方講演会は、小山市にあるSWING  AND SOUL美容室で働く中野優子 様、(株)さいたまセンビの早瀬丈晴 様をお迎えしました。実際のヘアーセットをしながら、「働くことは人のために動くこと」「お客様にどのように楽しんでもらうか」など、実体験から学んだことを聞くことができました。

本校の職員が、その場でセットしてもらい見事な技術を見せていただきました。

6時間目には、さくら幼稚園長の加藤みどり 様をお迎えしました。さくら幼稚園を卒園した生徒もいるようで、「懐かしい、お元気ですか」など温かい声が聞かれました。加藤先生には、童謡に合わせた手遊びや紙芝居を披露していただき、楽しいひと時でした。代表生徒による紙芝居も経験することができ「子どもを愛する気持ちがあれば頑張れる」とのお話もいただきました。幼稚園の先生になるために必要な資格やピアノの練習方法なども教えていただきました。

県立高校説明会(3年生)

 3年生を対象に県立高校説明会を行いました。芳賀郡市内の県立高校の先生方に来校していただき、それぞれの学校の特色、学習や部活動の様子、高校卒業後の進路のことまで丁寧に説明してくださいました。事前の希望に従って、2つの学校の説明を聞いた生徒もいました。今後の進路選択に向けてとても参考になりました。

2年生の読み聞かせ

 今日は2年生の各クラスで、読み聞かせをしていただきました。1組「石をとらえたお役人」、2組「モモちゃんとアカネちゃん」、3組は民話「勝道上人」でした。心温まるひとときを過ごし、さわやかな気持ちで一日をスタートすることができます。次は1年生(11/17)の予定です。

読み聞かせボランティア

 読書の時間(8:00~8:15)にボランティアの方々が来校され、3年生の4クラスで絵本の読み聞かせをしていただきました。1組は栃木県の民話から「足緒のねずみ」、2組は「たくさんのドア」、3組は「モモちゃんとアカネちゃん」、4組は「ふたつの勇気」でした。本校として初めての試みでしたが、生徒たちは真剣な表情で絵本の世界に引き込まれていました。次回は10日(火)に、2年生3クラスを予定しています。

生徒も先生も、心の奥に響くものを感じました。

2年生「生き方講演会」

 2年生のマイ・チャレンジ職場体験活動が感染症の関係で中止となってしまいました。そこで、様々な職業で活躍する方々を学校にお迎えし「生き方講演会」を実施します。第1回目の講師は、プロダンサーのHARUKA先生です。ダンサーになるという夢を持ち続け、自分にもできると信じてこられたとのお話でした。そして、大切なことは「自分に対して確実な自信をもつこと」と。最後は、楽しい曲に合わせてみんなで一緒にダンスを踊りました。

講演会終了後には、教室で勉強している生徒の様子までご覧になっていました。ありがとうございました。

体育集会

 12月4日(金)に行われる「校内駅伝フェスティバル」について、体育委員会より実施方法の説明がありました。感染症の関係で襷をつなぐことはできませんが「絆」をつなぎます。1500m、1000m、400mと距離は様々ですが、生徒たちは全力で疾走します。真岡市総合運動公園まで自転車で移動することになりますので、安全確保のための立哨指導やコースの監察員等のご協力をお願いいたします。詳細は、後日お知らせいたします。

全校朝会より

10/28(水)全校朝会の校長講話です。まず、ひがし野祭での素晴らしい合唱と吹奏楽部の演奏に感動したことを話されました。準備の段階から様々な制限がありましたが、生徒たちの心の中に思い出が焼きついたことと思います。次に、金子みすゞさんの「私と小鳥と鈴と」の紹介がありました。小鳥の目線や鈴の目線からの「気づき」を大切にしてほしいとメッセージをいただきました。その後、表彰と賞状伝達があり、代表者に手渡されました。

 

明日は郡市中学校駅伝競走大会

明日は芳賀郡市中学校駅伝競走大会です。例年は井頭公園内にて大会が行われていましたが、感染症の関係で市運動公園陸上競技場トラックを使ったレースとなります。8月下旬から練習を開始し約2ヶ月間、朝練を中心に練習してきました。校長先生からは「拳に力を入れて、ラストスパート!」と激励のメッセージをいただきました。最終ミーティングで選手の発表があり、明日の本番を迎えます。

帰りの会

帰りの会では各クラスとも、結果を受けての思いをお互いに伝え合っていました。

一ヶ月の間で楽しいことばかりではなく、クラスがまとまらなかったり、周りのクラスと比べて劣等感を感じたり、なかなか思い描くような合唱ができなかったりと決して平らな道ではなかったかと思います。

しかし、どのクラスも感動いっぱいの帰りの会でした。

 

3年生の思い

3年生各クラスの代表からクラスへメッセージが送られました。

最後はクラスごとに円陣を組んでフィナーレです。

この文化祭でクラスの絆がさらに固く結ばれたように思えます。

   

結果発表

結果発表です

1年 金賞 4組

   銀賞 3組

 

2年 金賞 1組

 

3年 金賞 4組

  銀賞1組

という結果になりました。

また、本校では各学年に指揮者賞、伴奏者賞が贈られます。

頑張ってきた結果に嬉し涙悔し涙とありましたが、どのクラスも素晴らしい合唱でした。

素敵な歌を聴かせてくれてありがとう。

クロージングセレモニー

結果発表前どのクラスも一生懸命練習を重ねてきたので、どこのクラスが金賞になるのかわからなかったです。3年生は体育館で円を組んで、1,2年生は教室でzoomにて結果発表を待ちました。

3年生は最後の合唱です。やはり一人一人の想いが強く、手を握ったり願ったりと賞を望む生徒の姿が印象的でした。

有志発表

クラス発表の後は3年生による有志発表です。

ダンスと弾き語りとオタ芸と文化祭らしい発表を見ることができました。

吹奏楽部

次は吹奏楽部による演奏です。

昼食後にこんな美しい音色の演奏が聴けるなんて贅沢な1日です✨

距離は離れていますが、各教室からは曲に合わせた手拍子も聞こえてきました。

発表終了

無事全学年の発表が終わりました。

3年生は、これまで積み上げてきた声質に加え1ヶ月間の猛練習の成果が発揮された素晴らしい合唱でした。

楽譜の強弱に加えて各クラスらしいアレンジもあり、歌い終わった生徒の表情には達成感が感じられました。

2年生

2年生らしい伸び伸びとした合唱でした。

1組→3組→2組の順での発表です。

 

どのクラスも力強い声と表現力。

2回目の合唱コンクールは、一人一人が堂々と歌っていました。

 

1年生はじめての合唱です。

はじめて合わせたときは元気いっぱいに歌う姿が印象的でしたが、

元気いっぱいの声に響きを意識した東中生らしい合唱にどのクラスも仕上がりました。

1組

4組

3組

2組

の順での発表です。

ご指導をいただきながら。

 いよいよ間近に迫った「ひがし野祭」。感染症拡大予防のため例年通りとはいきませんが、合唱コンクールや各クラスの発表に向けて準備が進んでいます。昨日は、発表の進行を担当する文芸委員の生徒たちが、より聞きやすいアナウンスの仕方について、学校評議員の目黒様からご指導をいただきました。目黒様は、日頃から放送に関係するお仕事をされており、まさに「プロの手ほどき」を受け、はきはきと原稿を読むことができるようになりました。