校長室ブログ

校長室

1/21(火)「弁当の日」=「ノーメディアデー」

 今日は「弁当の日」でした。

 本校では、なぜ「弁当の日」が「携帯・スマホなし テレビなしの日」、いわゆる「ノーメディアデー」になったのか? その理由について、少し説明させていただきます。それは、4年前の12月にまでさかのぼります。

 あるお母さんからの提案でした。お弁当の日の帰宅後に「今日のお弁当は○○が美味しかったよ」とか「これは少しまずかったな」という会話をご家庭でされたそうです。その際、お弁当の中身から、それを考えて作るお母さんの苦労話にまで話が進み、テレビも見ないで家族団らんになったそうです。それでそのお母さんは、「弁当の日は、弁当にまつわる様々な話題から自然と会話をする環境となって家族団らんができる」と考え、ぜひこれを広げたいという思いで、学校にお手紙をくださいました。

 本当に心温まるお手紙の内容でした。小学校でも「それは良い取組なので小中連携して取り組もう」ということになり、お弁当の日は「携帯スマホなし、テレビなし」の日、つまり「ノーメディア・デー」にして、この日は、「家族団らんの日」にしようとなったわけです。

 保護者アンケート(学校評価)では「パソコンやテレビをやめて、少し話をするようになった」という家庭が出てくるようになりました。完全実施でなくとも、月1回程度は取り組んでみようという心がけが大切なのだと思います。ご家族のご協力をお願いいたします。

お昼のお弁当は、元気の源!!

 

「校長室だより」(1/17付)発行

2020.1.17視力・虫歯.pdf

今号は年末に文科省が報じた2019年度学校保健統計調査(速報値)の結果について掲載しました。本校の実態も合わせて、特に「視力」・「むし歯」、目と歯に焦点をあてて分析してみました。

また裏面では、3年生の様子と1・2年生の実力テストに取り組んでいる様子から、今が学力を伸ばす好機であることを訴えました。同時に、テストの結果が自分の思いどおりにならなかったり、何か困難に直面したときに、それをどう乗り越えるかという勇気と前向きに生きていく力を得る好機であると受け止めてほしいという私からの願いを述べました。

最後に、12月の校長講話についての生徒たちから寄せられた感想を掲載しました。ぜひお読みください。

「校長室だより」(1/9付)発行

2020.1.9始業式.pdf

前日の「第3学期始業式」の式辞(要旨)と、生徒会本部役員・3学期学級委員の任命式、各学年代表の「新年の抱負」の様子について掲載をしました。どうぞご一読いただければと思います。

 

12/25(水)「第2学期 終業式」

2019.12.25終業式.pdf

令和元年度 第2学期  終業式 式辞            2019/12/25/Wed.
 2学期の終業式を迎えました。この2学期を振り返ってみましょう。順位に関わらず一生懸命全力で取り組む心意気を見せた感動の三大行事でした。始業式でU=UP! H=Healthy! E=笑顔!という話をしましたが見事に実践してくれたと思います。それは自分もクラスの仲間も力がUPし、Healthyに笑顔で過ごせた2学期だったからです。君たちは大きく成長した、つまり学年により中身は少し違うが、主体的に創り上げる喜び・感動を体験し、仲間との絆の強さができたと、つくづく感じます。学年ごとに見てみましょう。
1年生…叱咤激励されながら先輩を真似ながらも、自ら行動しようと努めていましたね。よく話し合い、作戦を練って練習していた運動会。先輩とともに練習試合をして素晴らしいものに仕上げた合唱。先輩に引けを取らない活躍をしていた新人戦やコンクール。テストも頑張り、学力が少しずつ向上してきましたね。やらされるのでなく、自分から取り組もうと意識する生徒が増えてきたように思います。本当にプロの中学生に近づいた1年生でした。落ち着いた生活をし、集中力がついてくるともっと良くなると思います。
2年生…どの分野でも昨年の経験を生かしていましたね。頼りになる3年生を手本にするうち指導力もついてきたように思います。新部長となった部活動では、どの部も新人戦・コンクールで大活躍でした。感動の名場面を数多く演出した運動会。レベルをグンと上げてきた素晴らしい合唱。多くの事業所から高い評価を得て、絶賛されたマイチャレンジ。進路を意識し本気で取り組むようになってきた勉強。本当に自信とたくましさを感じた2年生、頼もしく感じる2年生でした。
3年生…三大行事を最高の思い出にしようと、どの分野でも思う存分実力を発揮したのではないでしょうか。3年生としての自信・プライド・心意気を十分に感じた運動会。さすが3年生と会場を唸らせ感動させた最高レベルの合唱!感謝の気持ちを素直に語ったクロージングセレモニーでのスピーチ。運動不足にもめげずに懸命に走った駅伝フェスティバル。やっと本気になってきた受験勉強。やる気と元気の3年生。「合格という目標は、目的に向かってクリアすべきもの」という朝会で話したことを実践しようとする尊敬に値する先輩らしい3年生でした。
 このように行事を通してUPを目指し・Healthyな生活をし・笑顔で締めくくれた2学期。この君たちの大きな成長が、真岡東中を支えているのです。これをさらに生かして、次なる成長へのエネルギーに各学年とも変えていってほしいと思います。そのキーワードは「想像=Imagine」。先週の講話の感想を書くプリントの裏面に印刷しておいたジョンレノンの「Imagine」です。
1年生…4月に迎える新入生の模範となれるよう心も身体も鍛え健康であってほしいと思います。そして先輩とか上級生とか言われて少し大人になった気分の自分を想像して、新年の抱負も立ててみよう!
2年生…立志式を間もなく迎えるにあたり、自分自身を見つめ直し、抱負を立ててみよう!そして学校の顔である3年生=最上級生になった自分が活躍している姿を想像して、自分を良い方向に変えてみよう!
3年生…希望の実現へ向かう冬休み、自信を持って入試に臨み、持てる力を十分に発揮してこよう!そして4月からの高校生活が充実して楽しいんでいる自分の姿を想像して、新たな自分を夢見よう!
 各学年へのお願いは、以上のとおりです。
 しかし個人、一人一人の課題は別問題です。通知表所見よく読み、冬休みの生活に生かしてください。年の終わり大晦日や年の始まり元日を楽しんでもほしいです。一年の計は元旦にありつまり年間の計画は年の初めの元日の朝に立てるべき、物事にとりかかる時は、始めにしっかりとした計画をもって当たれと言われています。元旦とは元日の朝のことです。各々が自分の成果と課題・反省から自分を見つめ直して生き方を考え、生きるべき道を考えてほしいのが冬休みです。先週の講話で、世界の中にはXmasや正月を迎えられない人もいるという話をしました。この機会に平和を実感してほしいと思います。
 それでは3学期始業式、元気な笑顔で君たちに会えることを楽しみにしています。「失うと二度と戻らない命と時間を大切に!」君たちが、良い年を迎えられるよう心から願って、式辞とします。
                                                    真岡市立真岡東中学校 校長 平野秀雄