おしらせ

おしらせ

全校朝会「本当の幸せ」

 「これは何でしょうか?」今日の全校朝会(校長講話)は、生徒たちへの質問から始まりました。よく見てみるとクレヨンです。しかも似たような色が並んでいます。「肌色クレヨン」の紹介から、人権に関するお話へ進み、「自分の言動が他人を傷つけていないか?人が傷ついていることが本当に幸せか?」と続きます。そして最後に、「いじめ」は絶対に許されない、人の嫌がることを絶対にしないと熱いメッセージが送られました。どのクラスも、真剣なまなざしで映像を見つめる生徒たちでした。

東中の歴史を学ぶ

 1年生の総合的な学習の時間に「東中の生い立ち」について学びました。まず、平野学年主任から授業のねらいが説明されました。その後、校長先生から開校当時の生徒の様子、校章や校歌に込められた思いを聞きました。伝統ある学校行事や部活動の活躍の写真を見ると、たくさんの先輩方へ感謝の気持ちが湧いてきます。生徒たちも真剣な表情で取り組んでいました。お話の最後に「歴史と伝統を受け継ぎ、新たな歴史を創り上げよう」をメッセージをいただきました。

ありがとうございました「学校支援ボランティア」

 本校の武道館で練習している部活動は、剣道部と卓球部です。狭いスペースを互いに共有しながら使っていますが、どうしても卓球ボールが剣道場に入ってしまいます。手作りの防球ネットでは限界があり、時には練習の妨げになることもありました。学校評議員の青木圭太 様のご尽力により、天井からのワイヤーを張り直し、安全で有効なネットを無償で設置していただきました。生徒の安全が確保でき、とても助かっています。

緑の募金、ご協力ありがとうございました。

 生徒会福祉委員会を中心に「緑の募金」活動を実施しました。各学級の福祉委員が募金を呼びかけ、たくさんの生徒が協力しました。合計額が25,231円となり、過日「公益社団法人とちぎ環境・みどり推進機構」に振り込みました。「緑の羽根」を通じて、環境汚染の問題や身近な緑化活動へ参加するなど、更に意識が高まることを期待しています。皆さんから集められた優しさは、いつの日か他の人たちを笑顔にすることでしょう。ご協力ありがとうございました。