おしらせ

おしらせ

主体的な活動に向けて。

通常授業の開始から数日、様々な行事等の変更を余儀なくされていますが、生徒たちは「自分たちの学校を作り上げよう」と前向きに活動しています。学年集会では「今学期の抱負」を堂々と発表し、進行役も生徒が務めていました。今後の部活動についても、各部の部長が意見を出し合いながら検討しています。生徒たちの「心意気」を感じます。

元気な声が戻ってきました。

待ちに待った「全校生徒」の登校です。感染症拡大の予防対策をしながらの学校生活ですが、元気な挨拶とたくさんの笑顔が戻ってきました。私たち教職員も、やる気と笑みがいっぱいです。

 

 

通常登校がスタート

6月1日(月)から、通常の授業が再開します。生徒たちは「分散登校」を経て、徐々に学校生活のリズムを取り戻しています。全校生徒の登校に向けて、教職員もできる限りの感染症予防対策を検討してきました。来週から、生徒たちの元気な声が学校に響く日を楽しみにしています。

1・2年生の様子

1年生と2年生の分散登校は2日目です。各学年とも徐々に授業が進み始めています。1年生の英語では、「My name is~」と自己紹介に挑戦していました。2年生の数学は、休校中の課題を確認しながら進められました。理科の実験も「3密」を考慮し、少人数で行っていました。

3年生は3日目です。

午前と午後に分けての分散登校も、3年生にとっては3日目となりました。午前に登校する生徒と、午後に登校する生徒は直接顔を合わせないので、教室にメッセージを書いています。授業再開に向けて休校中の復習をしながらも、3年生の授業のオリエンテーションも始まりました。体育の授業では集合の隊形を工夫するなど、生徒の安全面を考えながら進めています.