日誌

令和2年度 学校の様子

準備登校

 7日(火)、新学期を迎えるにあたり準備登校しました。午前中に2・3年生、午後に新入生が登校しました。昇降口では、新学級のクラス発表が行われ、歓声が上がりました。

【2・3年生のクラス発表のようす】

 2・3年生が校庭に集合し、今年度転入した職員の紹介(新任式)が行われた後、担任発表がありました。

【転入した職員 左から上野教頭先生、都地先生、添谷先生、嶋田先生、髙橋先生】

【1学年スタッフ】

【2学年スタッフ】

【3学年スタッフ】

【教務ブロック】

 生徒たちは拍手で迎えてくれました。お互いに気持ち良く「1年間、よろしくお願いします。」のあいさつを交わしました。

 

 新任式後、教室に移動し、各クラスとも新しい教科書や配布物の確認を行いました。また、3年生は入学式会場準備を行いました。

 午後、新入生が登校すると、上級生同様にクラス発表に歓声が上がりました。

 私服での登校は最初で最後。担任の先生の説明を真剣に聞いていました。体育館に移動し、入学式のリハーサルも行いました。

令和2年度がスタート

 3月31日をもって本校を7名の先生方が離任されました。大変お世話になりました。今年は例年のような離任式を行うことができず、生徒たちもお別れをすることができませんでした。とても残念に思います。

 さて、4月になり新たに7名の先生方が着任されます。1日付けで4名の先生方が着任されましたのでご紹介いたします。

 上野光男教頭先生(長沼中より)

 都地裕一先生(市貝中より)

 添谷幸弘先生(新規)

 嶋田絢伍先生(田野小より)

 職員室では着任のあいさつ後、早速新年度の打ち合わせが始まりました。新型コロナウィルス感染症拡散防止の措置で多くの行事計画の見直しが必要になり、細部に渡り協議を進めています。

 

 また、アレルギー対策としてアナフィラキシーのショック症状をやわらげる措置として「エピペン」使用講習も行いました。4月8日の学校再開に向け、準備を進めています。