学校経営の方針

(1)教育公務員としての自覚と使命感をもち、常に研究及び指導の工夫改善に努めるとともに、共通理解の下仲間意識を強くもった共通行動による学校運営を行う。

(2)児童誰もが明るく活力ある生活ができる「学びに向かう学級集団」を土台とした学びに向かう学校づくりを目指す。

(3)常に教材研究と授業の工夫改善に努め、各種学力調査結果を有効に活用しながら児童一人一人に応じた「確かな学力」を保障する。

(4)道徳を中心に人権尊重と思いやりの精神を基盤とした「心の教育」の充実を図る。

(5)健やかな心と体を育む学習活動と指導の充実を図る。

(6)各種教育活動を通して、社会性や勤労意欲の向上を図る。

(7)非常時の想定を適切に行い、児童が安心して学習に取り組めるよう施設や設備等の整備に努めるとともに、全職員が同様の危機感をもって危機管理に努める。

(8)家庭、地域社会、学校が連携して児童を育成できるよう、信頼関係を深めるべく努める。