日誌

表彰伝達・修了式・離任式

3月22日(金)の3校時に「表彰伝達」と「修了式」、「離任式」を行いました。

表彰伝達では、「読書感想画コンクール」の賞状が渡されました。

 

修了式の「修了証書授与」は、1年生から学年順に授与されました。

写真は1年生の様子です。

 

校長先生からは、

  1学期から話してきた「心の通知表」、3学期はどうでしたか。「努力の壺」はいっぱいになりましたか。
  勉強には、「頭の勉強」と「心の勉強」、「体の勉強」の3つがありますが、将来、とっても大切になるのは「心の勉強」です。思いやりの心をもつことや、あいさつがしっかりできることが大切です。そして春休みには、それまでの自分を振り返り、次の学年の目標を持ってください。

と、お話がありました。

 

「児童代表のことば」は5年生が発表しました。

 春が近づき、少しずつ暖かくなってきました。私ももうすぐ一つ上の学年に進級します。
 私は、5年生でがんばったことが三つあります。
 一つ目は、勉強です。私は文章問題が苦手です。けれど、文章を良く読めば解けることが分かったので、それを6年生で生かしていきたいです。
 二つ目は、百人一首です。西小の代表として一生けん命百人一首を覚え、大会に望みました。結果はAチームが優勝しました。私のチームは残念ながら優勝できませんでしたが、とても良い経験でした。
 三つ目は、何事にも進んで取り組むことです。6年生を送る会では、代表として前に立ち、セリフを言うことができました。きんちょうしたけれど、がんばってやりきることができました。6年生になっても、何事にも進んで取り組んでいきたいと思います。
 4月からは真岡西小学校の代表として、りっぱな6年生になりたいです。そして、6年生から引き継いだ言葉を胸に、真岡西小学校をより良い学校にしていきたいと思います。

 

続いて「離任式」です。
8名の先生とお別れをしました。

 

5年生が発表した、児童代表の言葉です。

 春の優しい光を浴び、暖かい日が増え、校庭の木々の芽もふくらみ始めました。
 私たちにとっては、新しい学年への期待に胸がいっぱいになる喜びの季節になりました。
 しかし、今日は、8人の先生方とお別れしなくてはならないと思うと、とてもさびしいです。
 先生方は、いつも優しく、ていねいに指導してくださいました。そのおかげで、私たちは勉強や運動にしっかり取り組むことができました。
 また、学校行事では、いろいろなアドバイスをくださったり、温かい眼差しで見守ってくださったりして、たくさんの良い思い出を作ることができました。
 私たちは、先生方のおかげで楽しい学校生活が送れたことをとても感謝しています。その気持ちを忘れず、新しい学年でもがんばっていきます。
 先生方もお体に気を付けて、元気でお過ごしください。
 今まで、本当にありがとうございました。

 

「花束贈呈」では、花束と手紙が渡されました。

 

「離任者の話」では、児童との思い出や感謝の言葉、児童へのメッセージなど、たくさんの想いが出されました。

 

5年生による花のアーチと、1から4年生の拍手に包まれて、退場しました。

 

 離任される先生方、今までお世話になりました。これからもお体に気を付けて元気でお過ごしください。