校長室

校長室から

避難訓練(竜巻)校長講評

竜巻を想定した避難訓練における校長講評の概要をお知らせします。


今日、今年度初めての避難訓練を行いました。避難訓練は、全校児童842名、全員の命を守るために行います。本当に災害が来たと思って、本気で、真剣にしなければいけません。
まず、今日の竜巻の避難訓練に限らず、避難で大切なことは何でしょう?それは「も・お・か・し」です。「も・お・か・し」が何だか分かりますか?
 も:もどらない、
 お:おさない、
 か:かけない、つまり走らない、
 し:しゃべらない、ですね。
今日の避難訓練はどうだったでしょうか、全員がこれらを守れたでしょうか。各自、振り返ってください。守れない人がいたら、それではいけません。これからの避難訓練では、できていなければ、やり直しをすることもあります。

さて、今日の避難訓練は、竜巻を想定した避難訓練でした。では、竜巻とは何ですか?
竜巻とは、激しい空気の渦巻きで、ものすごく強い風で、物を飛ばし、建物などを壊します。人がけがをしたり、命を落としたりする危険性があります。

8年前、平成24年5月6日に、真岡市で竜巻の被害がありました。ある小学校を直撃し、学校のガラスはたくさん割れ、校庭に飛び散っていました。教室の机や椅子は一カ所に吹き寄せられていました。保健室のベッドは廊下まで飛ばされていました。校庭の大きな木が根こそぎ倒れました。
その日は日曜日で、誰もいなかったので、幸いなことにけがをした人はいませんでした。竜巻が直撃すると大きな被害が出ます。

では、竜巻が来たときはどうすればいいのか、復習しましょう。教室にいるときは、窓とカーテンを閉めます。窓からできるだけ離れて、座布団、防災頭巾を頭にかぶり、机の下にもぐり、できるだけ小さくなって机の脚を両手でしっかり持ちます。姿勢を低くし、頭を守り、動かないようにするのです。つまり、だんごむしになって身を守るのです。だんごむしのポーズです。今日、皆さんはよくできましたね。
校庭にいるときは、校舎の中に入り、今話したことをします。
登下校のときは、近くのコンクリートの建物など、丈夫な建物に避難します。建物に避難できないときは、地面のくぼんでいるところなどに身を伏せます。電柱や大きな木も倒れることがあるので、近寄らないようにします。

今日の避難訓練で皆さんが学んだことを確認します。一つ目、訓練は真剣に行うこと、二つ目、避難で大切なことは「もおかし」、三つ目、竜巻が来たときには、だんごむしになることです。忘れないようにしましょう。
避難訓練、よくがんばりましたね。以上です。

6月全校集会・校長講話「やりとぼう」

本日行った全校集会での校長講話の概要をお知らせします。

 

児童の皆さん、こんにちは。学校が再開して2週間が経ちましたが、新型コロナウイルス感染症防止のため全員が体育館に集まることができません。放送で話をします。

4月の始業式で、「やりとぼう」を大切にしようと言ったのを覚えていますか?1年生には初めてかもしれません。その後、HPに動画でその答えを紹介しましたが、今日、改めて、「やりとぼう」とは何なのかについてお話しします。

やりとぼうとは何でしょう?それは、思いやりと辛抱です。

では、思いやりとはどんなことでしょうか?多くの皆さんが分かっていますね。私が考える思いやりは「相手の気持ちや立場を考えて行動すること」です。他の人のことを考える気持ち、そしてそれを行動に表すことまで含めて思いやりと考えています。

例えば、隣の人の消しゴムが落ちていることを見て、拾ってあげることは思いやりのある行動ですか。また、昼休み、一人でぽつんとしている友だちに、一緒に遊ぼうと誘うことはどうですか。さらに顔や体つきなど、自分では直せないことについて、悪口を言わないということはどうですか。これらはみんな思いやりがあると言えますよね。

思いやりを考えるときに参考になる本を紹介します。1・2年生には「花さき山」、3・4年生に「思いやりのこころ」、5・6年生には「賢者の贈り物」を推薦します。是非読んでみてください。

次は辛抱です。辛抱という言葉を一度も聞いたことがないという人もいると思います。難しい言葉ですね。どんなことかというと、目標に向かって、ねばり強く最後までがんばることです。辛いことに出会っても、諦めないでやり続けるということです。

例えば、たくさんの宿題があったとします。途中でゲームをしたくなって宿題をやめてしまうことは辛抱強いと言えますか。また、授業中、いい姿勢で先生の話を聞いていたのに、だんだん姿勢が悪くなってきたら、辛抱強いと言えますか。どちらも辛抱強いといは言えません。辛抱すること、目標に向かってねばり強く最後までがんばることは、生きていく上でとても大切なことです。

今日はやりとぼう、思いやりと辛抱とはどんなことかについてお話をしました。どんなときでも「やりとぼう」、思いやりと辛抱を持ち続けられる人になってください。今日の話はこれで終わりです。ありがとうございました。

分散登校

本日アップした校長講話「分散登校」の概要をお知らせします。

 

児童の皆さん、こんにちは。元気ですか。

今日のお話は、「分散登校」についてです。

5月20日(水)と21日(木)分散登校を行います。これは全校児童を、半分に分けて、登校班ごとに学校にくるということです。その日は、11:20に集団下校です。自分がどちらの日に登校するのかは、5月18日(月)に担任の先生が配付したプリントに書いてありますので、確認してください。

では分散登校で注意すること、3点についてお話します。

第1点は、「両手間隔」です。

友だちに近づきすぎるのはいけません。人との距離は、「両手間隔」です。体操の隊形と同じですね。

第2点は、「マスクをする」ということです。

登下校中も、学校内・教室内ではマスクをしてください。

第3点は「手洗い」です。

学校でも、休み時間ごとなどに石けんを使って、30秒以上手を洗いましょう。そのとき、水道の前では、間を開けて待つようにします。1年生の廊下の床には、テープを貼ってあります。その線で待ちましょう。

注意することは3点、両手間隔、マスク、手洗いでしたね。

皆さんと会えるのが楽しみです。待ってます!

家庭学習の計画にそって学習しよう

「家庭学習の計画にそって学習しよう」と題した校長講話(動画)をHP上にアップしました。その概要をお知らせします。

児童の皆さん、こんにちは。元気に過ごしていますか?前回、授業ビデオを見ようとお話ししました。たくさんの人が、授業のビデオを見たようです。

今日のお話は、「家庭学習の計画にそって学習しよう」ということです。5月11日に、担任の先生からプリントなどをもらいましたよね。その中に、「家庭学習の計画」というものがあります。

1年生の「家庭学習の計画」を見てみましょう。毎日の時間割があり、それぞれの時間に、どの教科の、どんな学習をするのかが書かれています。例えば、ひらがなぷりんとを1枚するとか、Eテレを見るなどです。

6年生ではどうでしょうか?教科書を読んでプリントをする、Eテレ NHK for schoolを見る、体力UP大作戦をするなどがあります。その時間のなかで、出された学習が終わってしまった人は、自主学習をしましょう。

5月12日からはこの「家庭学習の計画」にそって、学習します。終わったプリントなどは、5月21日に担任の先生が来たときに、提出してください。もし、終わらなかったら、学校が始まってから出してもいいですよ。

今日は、「家庭学習の計画にそって学習しよう」というというお話をしました。皆さんと学校で会えることを楽しみにしています。

授業ビデオを見よう

「授業ビデオを見よう」という校長講話をHP上の動画で行いました。概要をお知らせします。

児童の皆さん、こんにちは。生活リズムを整えて、元気に過ごしていますか?

今日のお話は、「授業ビデオを見よう」ということです。今は、学校で勉強ができませんが、授業のビデオをみることができます。二つの授業ビデオを紹介します。

授業ビデオの一つ目は、真岡市教育委員会の授業ビデオです。真岡市内の小中学校の先生方がつくったものです。真岡市教育委員会のホームページに、保護者用ID、パスワードで入り、授業ビデオを見てください。見た人からは、めあてと振り返りがあって本当の授業みたいだという声が聞こえています。また、ビデオで勉強したことをノートにまとめた人もいます。ぜひご覧下さい。

二つ目は、栃木県教育委員会が作った授業ビデオです。5月2日(土)から6日(水)まで、とちぎテレビで見ることができます。事前に番組表を見て、自分の学年・教科の放送時間を確認してください。さらに、事前にワークシートをダウンロードして印刷してから見るようにしましょう。

今日は、授業ビデオ、真岡市教育委員会の授業ビデオ、県教育委員会・とちぎテレビの授業ビデオを見ようというというお話をしました。臨時休業ですが、家でも学校の時間割と同じように勉強することが大切ですね。皆さんと学校で会えるこことを楽しみにしています。それまでお元気で。

生活リズムを整えよう

本日、臨時休業中の児童に向けた「生活リズムを整えよう」というタイトルの校長動画をアップしました。

ホームページの左下の動画からご覧ください。

「やりとぼう」校長の考え

登校日に「やりとぼう」についての校長の考えを教えますと児童に伝えていましたが、登校日がなくなってしまいましたので、動画のコーナー(ホームページ左下)でお知らせします。

児童の皆さん、どうぞご覧ください。

 

「やりとぼう」って何のこと?

始業式の校長式辞において、二つのことを話しました。その一つが「やりとぼうを大切にしよう」ということです。

そこで子供たちに、「やりとぼうってなんのことでしょう?」という問題を出し、考えた答えを校長室に来て教えてくださいとお願いしました。さらに、教室をめぐり、下のような絵を見せて、再度質問をしました。

その結果、多くの児童が校長室に来て答えを言ってくれました。教室の廊下で私を捕まえて答えを言ってくれる児童もいました。

いろいろな答えがありました。答えは一つではありません。私の答えと一致するかどうかが大事なのではありません。それぞれの児童が真剣に考えることが大切なのです。

私の考えは登校日に子供たちに話したいと思います。それまでご家庭でお子様と一緒に考えてみてください。

入学式校長式辞

4月9日(木)の入学式校長式辞の概要を掲載します。


春真っ盛りの今日、令和2年度真岡西小学校の入学式を挙行できることを、とてもうれしく思います。

1年生の皆さん、入学おめでとうございます。ここにはいませんが、2年生から6年生は、皆さんの入学をずっと待っていました。上級生のお兄さん、お姉さんはとても優しく親切です。先生たちも一生懸命勉強を教えたり、一緒に遊んだりしてくれます。そして、友達と一緒に勉強したり、給食を食べたり、遠足や運動会などの楽しい行事もある学校です。

そんな真岡西小学校に入学した1年生に、三つのお願いがあります。

一つ目は、元気にあいさつをするということです。朝、学校に来たら「おはようございます」を、親切にしてもらったときには「ありがとうございます。」を、元気よく言ってくださいね。

二つ目は、先生の目を見てお話を聞くことです。皆さんは国語や算数などの勉強を、先生から教えてもらいます。先生の目をよく見てお話を聞いてください。そうすれば、勉強ができるようになります。

三つ目は、友だちと仲良くすることです。どの学級にもたくさんの友だちがいます。みんなと仲良く勉強したり、遊んだりしてください。

元気にあいさつをすること、先生の目を見てお話を聞くこと、友だちと仲良くすることの三つです。しっかり守ってくださいね。

保護者の皆様、お子様の入学、おめでとうございます。心から御祝い申し上げます。お子様が生まれたときのこと、病気になって寝ずに看病したことなど、様々な場面を思い起こせば、喜びもひとしおのことと存じます。大切なお子様を真岡西小学校でお預かりします。

本校では、子どもたちが自立し、協働して社会に貢献できる人間になるための基盤を育成します。そのために、学教教育目標である「よく考え本気になって勉強する子」「健康で粘り強くやりぬく子」「礼儀正しく思いやりのある子」になれるよう、教職員は全力を尽くします。保護者の皆様と一緒になってお子様の教育を進めてまいりますので、御理解・御協力をお願いいたします。

結びに、本日入学された1年生の、健やかな成長を祈念し、校長のことばといたします。

 

始業式校長式辞

4月8日(水)に放送で行った始業式の校長式辞を掲載します。

 

3月に突然の臨時休業で、長い休みとなってしまいました。新型コロナウイスルもとても心配です。しかし、今日、令和2年度を始めることができ、とても嬉しく感じています。

児童の皆さん、進級おめでとう。新しい学年になって、新しい友達と出会い、新しい年度の始まりです。真岡西小学校の一人一人が、「よく考え本気になって勉強する子」「健康でねばり強くやりぬく子」「礼儀正しく思いやりのある子」になれるよう、みんなと、先生と頑張っていきましょう。

今日は、二つのことをお話しします。
ひとつ目は「当たり前のことができる小学生」になってほしいということです。当たり前のこととはどんなことでしょうか?例えば、登下校は1列で歩くことは当たり前のことです。廊下を走らないこと、宿題をすること、自分勝手をしないこと、相手のことを考えて行動することなどありますね。たくさんの当たり前のことがあります。当たり前のことが当たり前のようにできれば、真岡西小学校が明るく、楽しく、輝く学校になり、皆さんは一流の小学生になれます。「当たり前のことができる小学生」になりましょう。

二つ目のお話です。それは「やりとぼう」を大切にするということです。そこで問題です。「やりとぼう」って何でしょう。今はその答えは言いません。みんなで考えてください。校長室に来て、自分で考えた答えを教えて下さいね。

今日は二つのこと、「当たり前のことができる小学生」になるというお話、そして、「やりとぼう」って何なのかという問題を出しました。今年1年を、元気で、楽しく、誰もが笑顔で過ごせるような学校にしていきましょう。

本当ならここでお話が終わるところですが、新型コロナウイルス感染症防止のため、また臨時休業をすることになりました。今日と明日の木曜日は予定通り学校に来ます。金曜日も学校に来ますが、給食を食べたあとに下校です。それからは臨時休業です。学校には来ることができません。

4月24日金曜日まで臨時休業です。皆さんは自宅などで過ごすことになります。3月の臨時休業と同じように生活してください。外出は控えること、手洗いをしっかり行うことなどを、きちんと守ってください。
詳しいことはまだ決まっていません。決まったらすぐにお知らせします。

先生たちも今日皆さんに会えてとても嬉しかったのですが、来週から皆さんに会えなくなることが残念でたまりません。真岡西小学校の誰もが健康で、また学校に来られるように、自分でできることをしていきましょう。