4年生のページ

4年生のページ

もうすぐ5年生

 

もうすぐ5年生!! 

 

2月末の4年生のまとめの時期、4月から5年生になる不安や期待をむねに、子どもたちは日々元気に過ごしていました。子どもたちの生活の様子を写真とともにご覧ください。

 

朝の学習の様子です。集中して読書やプリント学習等に取り組むことができ、落ち着いた気持ちで1日を始められるようになってきました。

 

 

 

  3学期は体育の時間や休み時間などを利用して8の字跳びに挑戦しました。どのクラスも去年よりも良い記録が出せるように、みんなで心を一つにして取り組みました。喜びや悔しさを共有することで、クラスの団結力を高めることができました。

 

  授業の様子です。少しずつ難しくなってきた学習内容に対しても一生懸命考えて、自分の意見を友達に分かりやすく伝えることができるようになってきました。グループでの学習の際には、友達と協力しながら取り組むことが出来ました。図工では、木材をのこぎりで切ったり、くっつけたりして思い思いの作品を作りました。

 

 

 

  また、2/25には科学教育センターへ行き、理科の学習をしてきました。プラネタリウムで星座の学習をしたり、実験を通して水の温まり方を調べたりしました。

 「なかなか温度が上がらないな」「水滴が付いているよ」などと新たな発見に目を輝かせながら学習することができました。

 

  大型の実験装置に子どもたちは興味津々。

 

  お弁当の日の様子です。子どもたちはとても楽しみにしているようで、お弁当を嬉しそうに見せてくれる子、美味しそうに食べている子がたくさん見られました。保護者の皆様、毎月のお弁当作りへのご協力、ありがとうございました。

 

 

  普段は給食当番を中心に、給食の準備や片付けを行っています。

2月末ごろからは、様々な感染症への対策として机を前向きにしたまま、給食を食べていました。

 

 

 清掃の時間にはそれぞれの分担場所で、黙々と清掃に取り組んでいました。下級生の面倒を見ながら率先して仕事をする姿は、大変立派です。

 これらの写真は、学年懇談会に子どもたちの成長の様子をお話しながら保護者の皆様にお見せしようと予定していました。保護者会が中止になってしまい、授業参観で子どもたちの発表もお見せできず残念でしたが、健康と安全の確保のためにはしかたがありませんでした。でも、おかげさまで4年生は全員がそろって最終日を迎えることができました。

本来でしたら直接保護者の皆様にお礼の言葉を述べさせていただくべきところですが、それもかないませんでした。申し訳ございません。子どもたちの益々の活躍を、心から願っています。

1年間、ご理解とご協力を本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

社会科見学

   寒さに負けず、社会科見学!

 

 2月5日(水)、4年生は社会科見学に行ってきました。

 寒いけれど天気がよく、バスの中は暑いくらいでした。インフルエンザなどの感染症を防ぐため、全員マスク着用での実施となりました。

 まず、益子の陶芸メッセへ。

 登り窯や旧濱田庄司邸などを見学しました。旧濱田庄司邸では、ちょうど雛祭りの人形が飾ってありました。

  

  

 次に、共販センターへ。

 まず、益子焼についての話を聞いたり質問したりしました。そして、いよいよ楽しみにしていた絵付けです。絵の具は3色。見た目はどろっとしていて地味な色ですが、焼き上がると、濃い青と茶色、そしてピンクになるのだそうです。あらかじめデザインを考えていき、真剣に湯飲みに絵付けをしていました。焼き上がった作品は、3月中旬頃に届く予定です。世界で一つだけの、自分の湯飲みが届くのが待ち遠しいですね。

  

  

  

 そして、やっぱり楽しみなのがお弁当!共販センターで昼食場所を提供していただいたので、寒くないところでおいしくお弁当を食べることができました。

  

午後は、尊徳資料館へ。

クラスごとにボランティアの方がついてくださり、資料館の中や桜町陣屋跡、神社やお墓の説明をしてくださいました。

  

  

 ケガをしたり病気になってしまったりする児童もなく、無事帰校することができました。 今後、見学してきたことを新聞などにまとめていく予定です。充実した社会科見学になりました。

 保護者の皆様には、朝、寒い中でのお弁当作りをはじめ、健康管理にも配慮するなど、御協力をいただきました。本当にありがとうございました。 

4年親子親睦会

  楽しかった!親子親睦会

11月2日(土)4年親子親睦会が実施されました。

準備体操の後、まずは親子いろいろリレーです。

 一つ目は「手押し車リレー」。4年生にもなると、腕の力もついてぐんぐん進んでいくことができます。お父さん、お母さんが足の支えをしっかりしてくれるので安心です。

 

 

 次は「タオルスキーリレー」。バランスをとるのが難しい!でも、笑いたっぷり、失敗しても楽しい親子スキーでした。

  

   

 最後に「おんぶリレー」。ちょっと照れくさかったようですが、久しぶりのおんぶに子どもたちはご満悦。学校では見られないような笑顔を見せてくれました。いつまでおんぶしてもらえるかな…いつかは子どもたちはきっと親の身長を越えていくのですよね。

  

  

 休憩後はドッジボールです。

 まず男子チームVS男子の親チーム、女子チームVS女子の親チーム。昨年は全く歯が立たなかった子どもたちでしたが、なんと今年は男子チームは勝利!とうとうドッジボールの腕は親を越えたようです。女子チームは今年も負けちゃいました。来年、リベンジしますか?

 最後は全員で、子どもチームVS親チーム。広いコートで、ボールも3個まで増えました。約10分間の熱戦の末、なんと子どもチームの勝利!

  

  

 今年も楽しい親子親睦会でした。これも、学年委員のみなさんのおかげです。事前に計画や準備をしてくださり、リレーの内容やドッジボールの組み合わせなども考えてくださいました。また、当日も早目の時間に来て受付や進行、あいさつなどをしてくださいました。チーム分けのくじを作ってくださったのも学年委員さんです。学年委員のみなさん、本当にありがとうございました。

 そして、参加してくださったみなさん、きっと今日は子どもたちの心に残る会になったことでしょう。御多用にもかかわらず御協力くださり、本当にありがとうございました。

 

 

 

4年秋の遠足

10月4日(金)、子どもたちが楽しみにしていた遠足が実施されました。

天気を心配していましたが、途中から晴天となり、楽しい一日を過ごしてきました。

ミュージアムパーク茨城県自然博物館での様子をご覧ください。

 

 班ごとに、見学です。指令書の問題を解いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 青空の下、芝生広場で昼食です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「夢の広場」のトランポリンで遊びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校に到着です。

 

遠足は、無事終了です。また、楽しい思い出ができました。

保護者の皆様、御協力ありがとうございました。

 

科学教育センター学習

  科学教育センターで学習してきました!

 9月4日(水)、4年生は科学教育センターに行って理科の学習をしてきました。

 今回の学習は、理科室の探検と、加熱器具の使い方、そしてプラネタリウムでの天体学習です。

   

 4年生からは、実験室では白衣を着て学習します。ちょっと科学者になった気分です。

 加熱器具は、アルコールランプとガスバーナーです。アルコールランプは、比較的簡単にできたようでしたが、ガスバーナーは難しかったようでした。ガスが通ってくる道筋を確認し、順序どおりに操作していきますが、なかなかうまくいきません。炎がこわいと感じる子もいたようですが、がんばって取り組んでいました。

  

 休み時間には、大型実験装置で楽しく遊びながら科学に触れていました。

  

 2学期始まって間もない時期でしたが、集中して学習することができた子どもたちでした。