ブログ

おしらせ

運動会を終えて

 雨天のため13日に実施となった運動会。いくつかの制限はありましたが、生徒たちの光る汗と保護者の皆様からの温かい拍手に包まれ、素敵な思い出の1ページとなりました。各学年で考えた競技種目は、感染拡大を考えた工夫がなされ「自分たちで作り上げる運動会」でした。学級旗を見上げ、気持ちを一つに一致団結したことは決して忘れることはないでしょう。

生徒が帰った後の教室から、行事を通した心の成長がうかがえました。

そして、次の目標に向かってスタートしています(ひがし野祭合唱コンクールを目指して、パート別練習)。

運動会実施(9/13)

 本日(9/13)、運動会を実施いたします。感染症予防のためご自宅にて検温の上、体調が優れない場合は来校をご遠慮くださいますようお願いいたします。なお、保護者の方の応援は1家族につき2名までの人数制限をさせていたいております。ご協力をお願いいたします。真岡東中学校

運動会延期

雨天が予想されるため、運動会を明日(9/13)に延期します。保護者の方々の応援場所の確保も、明日(9/13)の朝からとしますので、ご了承ください。なお、すでに場所の確保をされている方は、一旦お引き取りください。真岡東中学校

学年朝会

 1年生と2年生の学年朝会がありました。どちらの学年も、担当生徒が司会・進行を務めスムーズに運営されています。1年生は「学力を向上させるには」と「交通ルールの遵守(特に一時停止)とSNSによるトラブルを防ぐ」ことについて、一人ひとりが自分のこととして真剣に聞いていました。2年生は学級の代表生徒による「行事に向けた意気込み」などの発表がありました。最後に学年主任から、新聞記事の切り抜き「悔いのないように本気で取り組む大切さ」を紹介され、目の前のチャンスに本気で取り組もうとお話をいただきました。

家庭科の授業(食事について)より

 1年生の家庭科の授業で、栄養教諭の金澤弘美先生をお迎えし「栄養バランスの考え方」について学習をしました。どのような食品をどれだけ摂取すればよのか、不足しがちな栄養素は何なのかなど、健康な体をつくるための知識を学ぶことができました。スポーツや運動と食事の大切さについて考えるよい機会となりました。

実力テストに臨む

 今日は1~3年生まで実力テスト(5教科)に臨んでいます。今まで学習した内容を確認し、自分が苦手な分野・領域をしっかりと復習する機会とするものです。どのクラスも、テスト開始と同時に真剣な表情で問題を解いていました。3年生は卒業後の進路選択に向けた資料の一部として、三者面談などで活用していく予定です。

先日、学校支援ボランティアの方に修理していただいたサッカーゴールに白色のペンキを塗りました。まるで新品のようです。ネットを張った後、活用させていただきます。

地域の方々に支えられて

 本校の前PTA役員でもある松本様(松本農機具店様)のご尽力により、サッカーゴールの修復をしていただきました。鉄部分が一部破損し使えない状態だったサッカーゴールを、溶接修理していただきました。毎日の部活動や体育の授業等で有効に使わせていただきます。本校を支えていただいているボランティアの方々に、感謝申し上げます。

 

運動会の準備

今年度の運動会は、9月12日(土)午前中のみの実施を予定しております。感染症の影響で、例年通りとはいきませんが、学級や学年を中心に一致団結して思い出に残る運動会となるよう進めて参ります。各係ごとの準備も少しづつ始まりました。やはり3年生がリーダーシップを発揮しています。

保健体育の授業

保健体育の様子です。体育館では「球技」バレーボールとバスケットボールの選択授業でした。窓を開け、水分補給の時間をしっかりとって、感染症と熱中症に気を付けながらグループ・チーム練習に励んでいました。

校庭では、ハードルの授業を行っていました。風通しの良い昇降口で休憩時間をとります。水筒の飲み物でのどを潤し、また元気に授業に向かいます。その後はハードリングフォームの確認をしています。タイムを縮めるためには大切な練習です。健康面を優先し、技能の向上を目指して授業を展開していきます。

2学期がスタート

短かった夏休みを終えて、正門横の大きなヒマワリを見ながら生徒たちは元気に登校し、2学期がスタートしました。始業式の校長式辞では、1学期末に3年生を中心に熱戦が繰り広げられた郡市総体の様子についてお話いただきました。感染症によりいろいろなことが制限された時期だからこそ、試合ができることへの感謝の気持ちを学ぶことができたことでしょう。そして、1年生には「人生で最も成長する時期」、2年生には「伝統を受け継ぐこと」、3年生には「自分で選ぶ初めての岐路」とメッセージをいただきました。各教室で映像を見ていた生徒たちは、2学期の3つのお願いを胸に、大きく成長できる絶好の機会に精一杯努力していこうと誓いを立てていました。

各学年代表生徒による「2学期の抱負」の発表です。生活リズムを整えて予習・復習に力を入れる、クラスで団結して行事に取り組む、学級や学年のリーダーとしてよい思い出づくりに励むなど、堂々とした態度で発表できました。

 

暑さに負けずトレーニング

 長かった梅雨も明け真夏の太陽の下、特設駅伝部の練習がスタートしました。感染症拡大に伴い様々な大会等が中止となっていますが、郡市中学校駅伝競走大会(10/27予定)に向けて始動しました。苦しい時こそ、互いに声を掛け合いながら・・・ファイト!

1学期終業式

 4月の入学式直後から臨時休校が続き、授業が再開され2か月、1学期の終業式となりました。梅雨空で寒い日もありましたが、明日からは8月です。今年は短い夏休みとなってしまいますが、有意義な時間を過ごしてほしいと思います。校長先生から「感染症の関係で予測できないことがたくさんありましたが、生徒の皆さんはそれぞれに成長することができました。8/17に笑顔で会いましょう」とのお話をいただきました。

各学年の代表生徒による発表「1学期を振り返って」です。みんなで仲良く過ごした1学期、クラスの団結力が高まったこと、学力の向上を目指して努力したことなど、堂々と発表できました。

最後に、生徒指導主事の先生から「夏休みの過ごし方」についてお話がありました。今年は特に、感染症と熱中症の予防を心がけ、交通安全に注意しながら健康的で安全な夏休みを過ごしてほしいものです。2学期も元気いっぱいの生徒たちと一緒にスタートできることを楽しみにしております。様々な面で支えていただいた保護者の皆様、ありがとうございました。

授業力の向上を目指して

 本校の齋藤教諭は今春に大学を卒業した初任者教員ですが、2年2組の担任、そして社会科教諭として毎日生徒と熱心に向き合い、エネルギッシュに授業を行っています。放課後も遅くまで、授業の教材研究をしていますが、より一層の授業力向上を目指し、真岡市教育委員会より指導主事を招き「分かる、できる、定着する」学習についての支援をいただきました。生徒たちも、いつもよりも更に真剣な表情で説明を聞いていました。

 1年生の「書写」授業です。心を静かに落ち着かせ、『自分の文字とじっくりと向き合って』筆を動かしています。

安全に関する意識の高揚

 生徒会の生活安全委員会の生徒が中心となって、「あいさつ・交通安全・防犯に関する標語」を作成しました。各学級から選出された生活安全委員が、それぞれの部門について標語を考えました。元気なあいさつを呼びかけるものや毎日の登下校で注意すること、防犯対策に関する内容など日頃の生活の中で、各自が意識して安全な生活ができるよう促しています。多くの生徒の目に触れるよう、正門北側フェンスに掲示しています。

1学期末テスト始まる

 7/20(月)から3日間、1学期末テストが始まりました。1年生にとっては、初めての定期テストです。感染症予防対策の関係で通常授業は6月からとなってしまいましたが、今まで学習した内容をしっかりと復習してテストに臨んでほしいと思います。1年生の廊下には復習のためのプリント「正負の数」が用意されています。本日と明日の1校時目には、教科書やノート、資料集などを見直し、テストに備える「自習の時間」を設定しています。

全校朝会「本当の幸せ」

 「これは何でしょうか?」今日の全校朝会(校長講話)は、生徒たちへの質問から始まりました。よく見てみるとクレヨンです。しかも似たような色が並んでいます。「肌色クレヨン」の紹介から、人権に関するお話へ進み、「自分の言動が他人を傷つけていないか?人が傷ついていることが本当に幸せか?」と続きます。そして最後に、「いじめ」は絶対に許されない、人の嫌がることを絶対にしないと熱いメッセージが送られました。どのクラスも、真剣なまなざしで映像を見つめる生徒たちでした。

東中の歴史を学ぶ

 1年生の総合的な学習の時間に「東中の生い立ち」について学びました。まず、平野学年主任から授業のねらいが説明されました。その後、校長先生から開校当時の生徒の様子、校章や校歌に込められた思いを聞きました。伝統ある学校行事や部活動の活躍の写真を見ると、たくさんの先輩方へ感謝の気持ちが湧いてきます。生徒たちも真剣な表情で取り組んでいました。お話の最後に「歴史と伝統を受け継ぎ、新たな歴史を創り上げよう」をメッセージをいただきました。

ありがとうございました「学校支援ボランティア」

 本校の武道館で練習している部活動は、剣道部と卓球部です。狭いスペースを互いに共有しながら使っていますが、どうしても卓球ボールが剣道場に入ってしまいます。手作りの防球ネットでは限界があり、時には練習の妨げになることもありました。学校評議員の青木圭太 様のご尽力により、天井からのワイヤーを張り直し、安全で有効なネットを無償で設置していただきました。生徒の安全が確保でき、とても助かっています。

緑の募金、ご協力ありがとうございました。

 生徒会福祉委員会を中心に「緑の募金」活動を実施しました。各学級の福祉委員が募金を呼びかけ、たくさんの生徒が協力しました。合計額が25,231円となり、過日「公益社団法人とちぎ環境・みどり推進機構」に振り込みました。「緑の羽根」を通じて、環境汚染の問題や身近な緑化活動へ参加するなど、更に意識が高まることを期待しています。皆さんから集められた優しさは、いつの日か他の人たちを笑顔にすることでしょう。ご協力ありがとうございました。

学校評議員の会議

 7月3日(金)学校評議員の会議が行われました。評議員の方々には給食試食の後、全学級の授業を参観していただき、生徒たちが授業に臨む真剣な様子をたくさん褒めてくださいました。学校長より学校経営方針や本年度のスクールプラン、今後の行事予定などについて説明があり、評議員の皆様からは「感染症の予防対策について」「地域と連携した学校づくり」等のご意見をいただきました。今後の教育活動に活かしていきたいと思います。公私ともにお忙しい中、ありがとうございました。

サーマルカメラの設定

 新型コロナウイルス感染症拡大の予防対策として、本日からサーマルカメラが設置されました。生徒の登校時刻に、昇降口から東階段付近を撮影しています。カメラに向けて生徒が視線を合わせるだけで、瞬時に体温が測定されます。今後もマスクの着用や手洗い、手指の消毒などを進めていきますが、ご家庭でも毎日の検温を引き続きお願いいたします。

部活動にも全力

 気温や湿度が上がる暑い中でも、目標に向けて一生懸命に活動しています。残念ながら、3年生にとっての公式大会(郡市総体)は中止となってしまいましたが、それぞれの思いを胸に頑張っています。総体の代替試合や、他の発表の機会を目指して・・・。

◇アート文化部の作品

「靴ベラフック(職員玄関に)」、「トイレットペーパーの芯を使って」

真岡工業高校より「ついたて」寄贈

 新型感染症防止のための「飛沫感染予防のついたて」を真岡工業高校より寄贈していただきました。日下田校長先生をはじめ、本校卒業生を含めた5名の生徒さんが来校され「技術を活かした手作り作品」をいただきました。保健室の対応や保護者との面談の際に活用させていただきます。ありがとうございます。

生徒総会

 6月26日(金)は第40回創立記念日でした。22日(月)には第1回卒業生で同窓会副会長の島津様をお迎えし当時の様子をお聞きしましたが、本日は生徒総会を行いました。動画配信のシステムを活用し、生徒会本部役員や各委員会の委員長から、今年度の活動計画案などが説明されました。各教室でも「自分たちの学校をより良くするために」と真剣な態度で聞いていました。

あいさつの輪

 生徒会の委員会活動として「朝のあいさつ運動」を行っています。登校時には「おはようございます」と大きな声で元気な挨拶が聞こえてきます。どんよりとした曇り空ですが、さわやかな一日のスタートです。

全校朝会「創立記念日を前に」

 第40回創立記念日(6/26)を前に、校長室にて「鼎談(ていだん)」が行われました。同窓会副会長の島津様をお迎えし、生徒会長の那花さんから開校当時の様子について質問をさせていただきました。真岡中学校と分離し「真岡中を良きライバル」としながら、勉強や部活動に励まれていたとのことでした。そのお話を聞き、生徒会長の那花さんは「感謝の気持ちをもって、友だちと仲良く、東中の伝統を守っていきたい」と誓いの言葉を述べました。

1年生総合的な学習の時間

 入学式以降の臨時休校により、1年生にとって中学校生活のスタートがスムーズにいきませんでしたが、6月も中旬を過ぎ、徐々にリズムを掴んでいます。総合的な学習の時間では、これから学習する内容と進め方について学んでいました。テーマを設定し、様々な手段で課題を解決する力を身に付けてほしいと思います。

避難訓練

真岡警察署生活安全課より講師をお迎えし、不審者対策訓練を行いました。登校時や下校時に「不審な人に声をかけられたら」という状況で、どのよう対応すればよいかをデモンストレーションしていただき、その映像を視聴しました。

その後、火災発生を想定した避難訓練(避難経路の確認)も実施しました。避難の合言葉「も・お・か・し」を意識しながら、校庭まで安全に避難ができました。校長先生より「津波てんでんこ」「自分の命は自分で守る」と、講評をいただきました。全教職員で「安心・安全な学校」づくりを推進してまいります。

 

全校朝会

本日の全校朝会は、各教室にて校長先生の講話を聴きました。内容は『心のあいさつ』です。アイヌの言葉「イランカラテ」にはたくさんの意味があり、その中でも「あなたの心にそっと触れさせてください」というものが大好きです、と話されました。きっと、生徒たちも心が温かくなったことでしょう。笑顔で、目を見て、ちょっと会釈して・・・。

3年生総合的な学習の時間にて。

3年生の総合的な学習の時間に、「国際理解」というテーマで校長先生から講話をいただきました。校長先生が「マレーシア」と「ブラジル」の日本人学校で経験された『風習のちがい』について、生徒たちは真剣な態度で聞いていました。主体的に学習する課題の設定に役立ててほしいと思います。

弁当の日

今年度初めての「弁当の日」。いつもの給食も大好きな時間ですが、今日はもっと楽しみな時間です。弁当を作ってくれた人、この食材を生産してくれた方々に感謝の気持ちを込めて「いただきます!」。

ICT機器を活用しながら。

3年生の理科の授業で、電子黒板を使って「電流と磁界」について学習をしています。電流と磁石の力を利用したモーターについて説明を聞いています。

同じく3年生英語の授業では、生徒一人に1台のタブレットが用意され「比較」について学んでいます。真岡市の公共施設に関するクイズ形式で、AETと一緒に楽しそうに取り組んでいました。

掲示物より、メッセージ。

3年生の廊下に、校長先生からの掲示物「世界の子ども」があります。ある日の新聞の切り抜きから、生徒たちが自分以外のことを考える機会をいただきました。早速、たくさんの生徒が校長先生に感想を届けに来ています。人権について、感じ・考え・学ぼうとする心の育成につながることを期待しております。

 

暑い中でも。

「衣替え」となり夏服での登校が始まった途端に、気温が上がり暑い日が続いています。そんな中でも生徒たちは学校生活のペースを徐々にとり戻しているようです。新型コロナウイルス感染症拡大の予防と、熱中症対策を同時に行いながら学習や運動に励んでいます。

今年度の学校課題「表現力」の向上を目指して、数学の授業で「自分の言葉で説明する」活動を行っています。

環境を整えて、心を整えて。

主体的な活動に向けて。

通常授業の開始から数日、様々な行事等の変更を余儀なくされていますが、生徒たちは「自分たちの学校を作り上げよう」と前向きに活動しています。学年集会では「今学期の抱負」を堂々と発表し、進行役も生徒が務めていました。今後の部活動についても、各部の部長が意見を出し合いながら検討しています。生徒たちの「心意気」を感じます。

元気な声が戻ってきました。

待ちに待った「全校生徒」の登校です。感染症拡大の予防対策をしながらの学校生活ですが、元気な挨拶とたくさんの笑顔が戻ってきました。私たち教職員も、やる気と笑みがいっぱいです。

 

 

通常登校がスタート

6月1日(月)から、通常の授業が再開します。生徒たちは「分散登校」を経て、徐々に学校生活のリズムを取り戻しています。全校生徒の登校に向けて、教職員もできる限りの感染症予防対策を検討してきました。来週から、生徒たちの元気な声が学校に響く日を楽しみにしています。

1・2年生の様子

1年生と2年生の分散登校は2日目です。各学年とも徐々に授業が進み始めています。1年生の英語では、「My name is~」と自己紹介に挑戦していました。2年生の数学は、休校中の課題を確認しながら進められました。理科の実験も「3密」を考慮し、少人数で行っていました。

3年生は3日目です。

午前と午後に分けての分散登校も、3年生にとっては3日目となりました。午前に登校する生徒と、午後に登校する生徒は直接顔を合わせないので、教室にメッセージを書いています。授業再開に向けて休校中の復習をしながらも、3年生の授業のオリエンテーションも始まりました。体育の授業では集合の隊形を工夫するなど、生徒の安全面を考えながら進めています.

 

1・2年生の分散登校

今日は、1・2年生の分散登校です。1年生にとっては、入学式直後に臨時休校となってしまったので、中学校生活についてわからないことだらけかと思います。安全に登下校できるよう、「交通安全教室」からスタートしました。校長先生から「一時停止を守ること」「交通事故で生命を落とさない」などのお話をいただきました。2年生も「3密」を意識しながら、休校中の振り返りを行い、それぞれの授業を真剣に受けていました。

 

分散登校が始まりました。

冷たい風と小雨まじり、あいにくの天候でしたが本日から分散登校が始まりました。午前は3年生のA班です。久しぶりに友だちに会うことができてうれしそうです。登校した生徒たちは「3密」を避けて、教室で静かに待っていました。1校時に全学級とも「感染症の予防」について再確認する時間をとり、2校時からは休校中の復習を中心に、授業を進めています。

分散登校に向けて

「生徒たちの元気な声が響く学校」に向けて少しづつ準備をしています。授業開始に向けた教材研究や生徒を迎える環境の整備。そして、生徒の安全を守るための教職員研修(心肺蘇生の研修)も行いました。

分散登校では、各学級とも人数を半分に分けての登校ですが、久しぶりに生徒に会える日を楽しみにしております。

真岡東中学校 校歌【重要】

真岡東中学校の皆さんこんにちは。生徒会担当の綱川、國府田です。真岡東中学校の校歌をHPにアップします。1年生は休校中に歌詞を覚えて、歌えるようにしておきましょう。2、3年生もこの機に校歌を完璧に歌えるようにしていきましょう☆

1年生と女子生徒のパートはこちら→校歌 女声、1年生.m4a

 

男子のパートはこちら→_校歌 男声.m4a

(1年生の男子は12月ごろからこちらのパートを歌うことになります。)

 

ひらがなの歌詞はこちら→校歌歌詞.pdf

☆胸を張って校歌を堂々と歌える素敵な真岡東中生になろう☆

2学年より「メッセージ」

生徒の皆さん保護者の方々、外出が制限される中での生活はいかがでしょうか?今日は、2学年の先生方からの「メッセージ」を掲載いたします。

「2年生のみなさん、こんにちは! 自宅で元気に過ごしていますか?」(2年主任:小宅宏美)

「君たちのいない学校は、まるで牛肉のない牛丼みたいなものです! 正直寂しいです。」(1組担任:藤田英樹)

「適度に体を動かして、リフレッシュもしてください」(2組担任:齋藤優史)

「家でじっくり課題を進めてくださいね」(3組担任:関口明子)

「授業ができないうえ、たくさんの課題。大変かもしれないけど、がんばれ!」(副担任:秋葉幸子)

「また登校日に、元気に会いましょう!」(副担任:上野駿也)

 

 引き続き、感染症の予防を心がけてください。

再休校の朝

本日より、再度の休校となってしまいました。生徒たちの元気な声が聞こえないのは残念です。先生方も環境を整え、学習教材の発信準備を進めています。

学級委員任命

新型コロナウイルス感染症予防を考慮し、校長室にて各学年代表生徒への任命を行いました。また、その様子をライブ配信にて各教室に配信し、担任から任命書を手渡しました。さらに、明日からの臨時休校を前に「休日の過ごし方」について、生徒指導担当から説明しました。

新たなスタート、元気いっぱい。

112名の新入生を迎え、1学期がスタートしました。年度初めは「学級や学年の組織づくり」「生徒会の活動」などがありますが、みんな元気いっぱいです。

養護教諭から「手作りマスク作り方」をライブ配信し、各学級で作りました。

新入生への部活動紹介は、各部の実演紹介。