教育長の部屋 学校一覧 真岡「ふるさと学習」 先生のページ

新型コロナウイルス感染症に関する市内小中学校の対応について

 10月20日火曜日、本市の中学校において、新型コロナウイルス感染症の感染者1名が確認されたことを御報告させていただきます。
 感染者の発生に伴う臨時休校については、保護者に一斉メールで通知するために、非公表とする意味が薄いこと、また、憶測による情報が流れることで、疑心暗鬼になり、それに伴い、誹謗・中傷が懸念されることなどから、校長会で協議し、教育委員会のマニュアルに学校名公表の基準を追加いたしました。その後、真岡市新型コロナウイルス感染症対策本部会議を経て、学校名を公表することといたしました。
 ただし、当該生徒の保護者の了解が得られた場合としており、今回保護者の学校名公表の了解を得られたため公表するものであります。
 感染者は、真岡中学校の生徒です。真岡中学校においては、保健所の指導の下、専門業者による消毒作業や疫学調査を実施することから、10月21日(水曜日)22日(木曜日)の2日間を臨時休校といたしました。
 また、休校中においても、生徒の健康観察を行っております。今後も、スクールカウンセラーや市の臨床心理士が生徒の心のケアにあたります。加えて、県のスクールカウンセラーも要請いたします。
 市内の全小中学校の保護者には、誹謗・中傷などの風評被害や、いじめを防止するため、昨日、文書で通知いたしました。
 今後も、各学校において、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の徹底を図ってまいります。

 

保護者のみなさまにお願い


 日頃より、保護者のみなさまには、お子さまやご家族に対して新型コロナウイルス感染予防に取り組んでいただき、感謝申し上げます。
 そのような中、本市におきましても、中学生が新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。
 そこで、改めて、「マスクの着用」や「3つの密の回避」等の基本的な感染防止対策の徹底をお願いします。
 また、引き続き、ご家庭での感染防止にもご配意をお願いします。
 そして、感染者やその家族、同じ学校に通学している児童生徒や教職員等の中で、周囲からの偏見や差別を受け、苦しむ人が出ないように、保護者のみなさまには、下記につきましてご理解とご協力をいただき、再度、お子さまへのご指導をお願いします。


1 誰にも感染するリスクはあります。自分が感染するリスク、相手に感染させるリスクを踏まえ、感染防止対策に心掛けて
 ください。

2 感染した人が「悪い」という考え方はせずに、相手を思いやる考え方をしてください。誰も感染したいとは思っていません。

3 自治体等が提供する新型コロナウイルス感染症患者の発生状況などの情報は、感染拡大を抑止するためのものです。個人を特
 定しようとしたり、不安を煽る材料として取り扱ったりしないでください。

4 SNS等を利用して感染者やその家族、同じ学校に通学している児童生徒や教職員等を誹謗・中傷することは絶対に慎んで
 ください。

5 みんなで協力し、新型コロナウイルス感染防止に努めて、お子さまの学びが継続できるようにご協力をお願いします。もし、
 偏見や差別を受け悩んでいるときには、遠慮なく学校や関係機関に相談をしてください。

 

令和2年10月21日          
真岡市教育委員会 教育長 田上 富男

新着
教育委員会からのお知らせ