おしらせ

2020年8月の記事一覧

地域の方々に支えられて

 本校の前PTA役員でもある松本様(松本農機具店様)のご尽力により、サッカーゴールの修復をしていただきました。鉄部分が一部破損し使えない状態だったサッカーゴールを、溶接修理していただきました。毎日の部活動や体育の授業等で有効に使わせていただきます。本校を支えていただいているボランティアの方々に、感謝申し上げます。

 

運動会の準備

今年度の運動会は、9月12日(土)午前中のみの実施を予定しております。感染症の影響で、例年通りとはいきませんが、学級や学年を中心に一致団結して思い出に残る運動会となるよう進めて参ります。各係ごとの準備も少しづつ始まりました。やはり3年生がリーダーシップを発揮しています。

保健体育の授業

保健体育の様子です。体育館では「球技」バレーボールとバスケットボールの選択授業でした。窓を開け、水分補給の時間をしっかりとって、感染症と熱中症に気を付けながらグループ・チーム練習に励んでいました。

校庭では、ハードルの授業を行っていました。風通しの良い昇降口で休憩時間をとります。水筒の飲み物でのどを潤し、また元気に授業に向かいます。その後はハードリングフォームの確認をしています。タイムを縮めるためには大切な練習です。健康面を優先し、技能の向上を目指して授業を展開していきます。

2学期がスタート

短かった夏休みを終えて、正門横の大きなヒマワリを見ながら生徒たちは元気に登校し、2学期がスタートしました。始業式の校長式辞では、1学期末に3年生を中心に熱戦が繰り広げられた郡市総体の様子についてお話いただきました。感染症によりいろいろなことが制限された時期だからこそ、試合ができることへの感謝の気持ちを学ぶことができたことでしょう。そして、1年生には「人生で最も成長する時期」、2年生には「伝統を受け継ぐこと」、3年生には「自分で選ぶ初めての岐路」とメッセージをいただきました。各教室で映像を見ていた生徒たちは、2学期の3つのお願いを胸に、大きく成長できる絶好の機会に精一杯努力していこうと誓いを立てていました。

各学年代表生徒による「2学期の抱負」の発表です。生活リズムを整えて予習・復習に力を入れる、クラスで団結して行事に取り組む、学級や学年のリーダーとしてよい思い出づくりに励むなど、堂々とした態度で発表できました。

 

暑さに負けずトレーニング

 長かった梅雨も明け真夏の太陽の下、特設駅伝部の練習がスタートしました。感染症拡大に伴い様々な大会等が中止となっていますが、郡市中学校駅伝競走大会(10/27予定)に向けて始動しました。苦しい時こそ、互いに声を掛け合いながら・・・ファイト!