おしらせ

2020年7月の記事一覧

授業力の向上を目指して

 本校の齋藤教諭は今春に大学を卒業した初任者教員ですが、2年2組の担任、そして社会科教諭として毎日生徒と熱心に向き合い、エネルギッシュに授業を行っています。放課後も遅くまで、授業の教材研究をしていますが、より一層の授業力向上を目指し、真岡市教育委員会より指導主事を招き「分かる、できる、定着する」学習についての支援をいただきました。生徒たちも、いつもよりも更に真剣な表情で説明を聞いていました。

 1年生の「書写」授業です。心を静かに落ち着かせ、『自分の文字とじっくりと向き合って』筆を動かしています。

安全に関する意識の高揚

 生徒会の生活安全委員会の生徒が中心となって、「あいさつ・交通安全・防犯に関する標語」を作成しました。各学級から選出された生活安全委員が、それぞれの部門について標語を考えました。元気なあいさつを呼びかけるものや毎日の登下校で注意すること、防犯対策に関する内容など日頃の生活の中で、各自が意識して安全な生活ができるよう促しています。多くの生徒の目に触れるよう、正門北側フェンスに掲示しています。

1学期末テスト始まる

 7/20(月)から3日間、1学期末テストが始まりました。1年生にとっては、初めての定期テストです。感染症予防対策の関係で通常授業は6月からとなってしまいましたが、今まで学習した内容をしっかりと復習してテストに臨んでほしいと思います。1年生の廊下には復習のためのプリント「正負の数」が用意されています。本日と明日の1校時目には、教科書やノート、資料集などを見直し、テストに備える「自習の時間」を設定しています。

全校朝会「本当の幸せ」

 「これは何でしょうか?」今日の全校朝会(校長講話)は、生徒たちへの質問から始まりました。よく見てみるとクレヨンです。しかも似たような色が並んでいます。「肌色クレヨン」の紹介から、人権に関するお話へ進み、「自分の言動が他人を傷つけていないか?人が傷ついていることが本当に幸せか?」と続きます。そして最後に、「いじめ」は絶対に許されない、人の嫌がることを絶対にしないと熱いメッセージが送られました。どのクラスも、真剣なまなざしで映像を見つめる生徒たちでした。

東中の歴史を学ぶ

 1年生の総合的な学習の時間に「東中の生い立ち」について学びました。まず、平野学年主任から授業のねらいが説明されました。その後、校長先生から開校当時の生徒の様子、校章や校歌に込められた思いを聞きました。伝統ある学校行事や部活動の活躍の写真を見ると、たくさんの先輩方へ感謝の気持ちが湧いてきます。生徒たちも真剣な表情で取り組んでいました。お話の最後に「歴史と伝統を受け継ぎ、新たな歴史を創り上げよう」をメッセージをいただきました。